猫のひげはセンサー?猫のひげを絶対に切ってはいけない理由とは?

この記事は2分で読めます

猫のひげはセンサー?猫のひげを絶対に切ってはいけない理由とは?

猫のひげはセンサーになっている?


「猫のひげ」は意味もなくついているわけではありません。

目の上や口の周り、アゴの下に生えている「猫のひげ」は、ほんの少しでも何かに触れたら一瞬で気づくことができる高性能なセンサーになっているのです。

そしてバランスをとる為に必要な感覚器官でもあります。

例えば、よく見えていない状態で「ひげ」に何かが触れればすぐに避けることができるし、物じゃなくても風が少し吹くだけで「ひげ」が敏感に反応して空気の流れを感じ取ることもできます。

他にも目の上のひげは、まぶたの神経と繋がっているので何か当たるものがあると目を閉じて瞳を傷つけないようにします。

猫のひげは猫にとって、とても大切なものなのです。


SPONSORED LINK



猫のひげを絶対に切ってはいけない理由とは?


たまに、猫のひげが枝毛になってしまったからといって切ろうとする人がいますが猫のひげは絶対に切らないでください!

猫のひげはすき間に入れるかどうか(自分の体が狭い場所を通れるか)を確かめたり、暗い場所でひげの感覚だけで行動する時にも絶対に必要なものなのです。

実際に「生まれたばかりの仔猫」や「目の病気になってしまった老猫」など、目がよく見えない猫は「ひげ」がセンサー代わりになるので壁などに触れたら方向転換してぶつからないように歩くことができます。

そして猫のひげは普通の毛と違って3倍も長く皮膚の下に埋まっています。

それに、ひげの先に神経は無いですが根本には神経が通っています。

なので、無理に抜こうとするとすごく痛い思いをさせてしまうので絶対にやらないようにしてください。

nc03a


「ひげ」の動きで猫の感情が分かるってホント?


猫はポーカーフェイスなので表情から感情を知ることは難しいです。

でも、表情から分からなくても猫のひげを見ると分かる場合があります。

例えば・・・

すごく興味があったり、驚いた時には「ひげがピンと伸びる」

獲物やオモチャを見つけてようすを見ている時や起こったり警戒している時などは「ひげが前に傾く」

怖い時には「ひげを顔にくっつける」

イライラして機嫌が悪いと「ひげが前に突き出る」

退屈な時間を過ごしていたり、リラックスしていると「ひげがダラーンとたれている」

といったように感情によって「ひげ」を動かしています。


さいごに


cat is looking at laptop

猫のひげはいつのまにか、折れたり、切れたり、抜けたりしてしまいます。

でも、時間が経つと元通りになるので心配しないでください。

元通りにはなるのですが無理に抜いたり、切ったりしてしまうと大きなストレスを感じるようになって命を失ってしまうこともあります。

なので、猫のひげに関しては「触らない」ようにした方がいいのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。