猫語!猫が「ゴロゴロ」と喉を鳴らす本当の3つの理由とは?

この記事は2分で読めます

猫語!猫が「ゴロゴロ」と喉を鳴らす本当の3つの理由とは?

猫が「ゴロゴロ」と喉を鳴らす本当の理由とは?


猫が「ゴロゴロ」とか「グルグル」と喉を鳴らすのは「満足しているから」というのが多くの人の認識だと思います。

確かに、満足している時に「ゴロゴロ」という音を出すのですが実はそれだけではないんです。

猫が喉を鳴らす時というのは・・・

「満足している(安心感)」

「期待感でワクワクしている(おねだりしている)」

「具合が悪い(治療している)」

といった3つの理由があるのです。

それでは、これからゴロゴロと喉を鳴らす3つの理由について詳しくお話させていただきます。


SPONSORED LINK



安心感を感じて喉をゴロゴロ鳴らす理由とは?


猫をなでてあげたり、膝の上に乗ってきたりした時に気持ち良さそうに喉をゴロゴロ鳴らすことがありますよね?

そうやって安心してくれたり、なついてくれている姿を見るだけで幸せな気持ちになったりするものです。

元々、安心感で喉をゴロゴロ鳴らすのは子猫が母猫の乳を飲んでいる時に、飲みなら「大丈夫だよ」とか「元気だよ」ということを伝える為に鳴らす為のサインなのです。

後は、乳をたくさん飲んで、お腹いっぱいで満足して眠くなりながらでも鳴らせる便利な音でもあるのです。

そして大人の猫になってもリラックスして機嫌が良かったり、甘えたい気分や気持ちがいい時にも安心感や満足感を感じて喉をゴロゴロ鳴らすのです。

あなたのそばで気持ち良さそうにゴロゴロと喉を鳴らしている場合には、やさしく接してあげてください。


期待感でワクワクして喉を鳴らす理由とは?


nc09a

安心しているだけじゃなく「期待感が高まっている」という時にも猫はゴロゴロと喉を鳴らします。

例えば・・・

「ご飯くれるの?」

「遊んでくれるの?」

という期待が高まると嬉しくて喉をゴロゴロと鳴らすのです。

猫は「ニャオ」とか「ニャー」て鳴いて「おねだり」をするのですが、その「おねだり」がさらに強くなったようなものです。

この時は、かなり興奮している状態になります。


具合が悪いときに喉を鳴らす理由とは?治療もできる?


nc09b

猫は具合が悪い時にもゴロゴロと喉を鳴らします。

その理由自体は、はっきりしていませんが苦しい時に自分を安心させる為にゴロゴロと喉を鳴らすと言われています。

他にも、緊張している時にも喉を鳴らして自分を安心させる場合もあります。

後は、親猫が子猫をあやす時に「安心して」とか「大丈夫だからね」という意味で喉をゴロゴロと鳴らす場合もあります。

そして、このゴロゴロと喉を鳴らす音には驚く効果があることが最近の実験で分かるようになってきました。

その驚く効果というのは・・・

骨折やケガを治すチカラがある

ということです。

アメリカにある研究所が発表したことなのですが猫のゴロゴロと鳴く周波数は、27~44ヘルツあって、その周波数が骨の組織の形成を促進したり、強化する周波数とほとんど同じだと言われています。

実際にゴロゴロの音で骨の強度が上がったというデータ結果が出ているそうです。

これから医学やセラピーといった面で多く使われるようになるかもしれませんね。


ライオンやトラなどのネコ科の動物もゴロゴロと喉を鳴らすの?


ライオンは猫と同じようにゴロゴロと喉を鳴らすことができますが猫より、かなり大きな音を出します。

トラの場合は満足している時は、ゴロゴロではなく「フフフフ」と鳴くそうです。


さいごに


ゴロゴロと喉を鳴らすのには様々な理由があります。

単に満足していると勘違いしてしまうと、病気で具合が悪い時に気づいてあげられなくなる可能性があります。

ゴロゴロと喉を鳴らしている時には、その時の状況もよく考えてみてあげてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。