猫のしつけ!「しつけ」に対する飼い主の間違った考え方とは?

この記事は2分で読めます

猫のしつけ!「しつけ」に対する飼い主の間違った考え方とは?

猫の「しつけ」に対する飼い主の間違った考え方とは?


飼い主さんが、よくしてしまう「猫のしつけ」に対する基本的な間違えがあります。

その間違えというのは・・・

猫に教えて覚えさせようとすることです。

犬なら褒めたり叱ったりして覚えさせることができますが、猫の場合は難しいです。

猫に何かを覚えさせようとしても、理解してくれない(言うことを聞いてくれない)場合が多いので、あなたがストレスを抱えてしまうことになってしまいます。

なので、猫には何かを教えて覚えさせようとするのではなく・・・

「ダメなことをできなくする工夫」をして欲しいのです。

例えば上がってほしくない所があるなら、物を置いて上がれなくしたり、触ってほしくない所には、触れないような「仕掛け」を作ったりすることです。

「しつけ」の基本は、教えることではなく、身をもって知ってもらうことなのです。


猫に上がってほしくない場合の工夫とは?


nc17a

「壊れやすい物が置いてある場所」や「危険な場所」など家の中で猫に上がってほしくない場所ってありますよね。

そのような場合に行う工夫をご紹介させていただきます。


①「物を置いて登る(上る)スペースを作らない」


猫がいつも上がるスペースに物を置いてしまえば、猫は無理に登ったりはしないです。

一度、猫の足の踏み場が無いくらいに物を置いてみてください。

上がるスペースが無いと分かればあきらめるようになりますよ。


②「猫が上がれる物を取り除く」


猫が上がれる物を取り除くというのは、例えば机から本棚の上に飛び乗ることができるなら、机の位置をずらして本棚に上に飛び乗ることができないようにすることです。

ジャンプしても上がれない(飛び移れない)と気づくと、上がろうとしなくなります。

ただ、その場合には登っても大丈夫な場所を他に作ってあげるようにしてあげてください。

(猫は高い所に登ると安心できる習性があるので)


③「ガムテープを貼る」


猫は、ガムテープが体につくのを嫌がります。

(猫じゃなくても嫌ですよね)

なので、上がってほしくない場所にガムテープの粘着部分を上にして置いておくと、嫌な思いをして上がらなくなります。

他にも「上ったら落ちてしまう」といったような嫌がる仕掛けを作ると上がらなくなりますので色々と試してみてください。


猫にして欲しくないことを辞めさせるには?


nc17b

猫が触ってほしくない物に触ったり、爪で傷つけてほしくない所で爪とぎをしたりといった困ったことをされた経験てありませんか?

ただ、口で注意するだけでは、なかなか辞めてくれない場合が多いです。

この場合の効果的な対処方法として「水を後ろからかける」というのがあります。

猫がしてほしくないことをした場合に、後ろから霧吹きで軽く水をかけるのです。

そうすると、「これをしたら水がかかる」と思ってやらなくなります。

霧吹きで水を後ろからかける時は、あなたがやっていることをバレないようにしてください。

他にも爪とぎをしてほしくない場所があるなら「爪とぎ防止シート」を貼ってみるのもいいと思います。

ツルツルしているので、爪をとぐことができなくなります。

アイリスオーヤマ ペット用 柱・壁の保護シート 透明 KHS-93T

(ペットショップやインターネットで千円くらいで販売しています)


さいごに


猫のしつけで大切なのは、工夫です。

教えるのではなく、感じさせることが何よりも大事なのです。

色々な仕掛けを作ったり、工夫しても失敗することがあると思います。

でも、そんな時でもイライラしないで楽しみながら様々な方法を試してみてください。

それと、猫に何かを注意する時は必ず、その場(現行犯)で行ってください。

後から注意されても「何のこと??」て、思って困惑してしまいますので。

あなたと、あなたの愛猫が楽しく過ごせる環境を少しづつ作っていってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。