猫の爪とぎ対策!壁や家具で爪とぎされたときの防止法とは?

この記事は3分で読めます

猫の爪とぎ対策!壁や家具で爪とぎされたときの防止法とは?

猫が爪とぎをする理由とは?


猫が爪をとぐには3つの理由があります。

その理由というのは・・・

①「爪を鋭くするため」

②「マーキング行為」

③「ストレス解消」

の3つです。


「爪を鋭くする理由」

猫の爪は、サヤ(角質)が何層にも重なってできています。

猫の爪とぎは、サヤの古い層をはがして鋭くするために行っているのです。

本来、猫の爪は身を守ったり、狩りをする大事な役割があるので常にといでおく必要があります。


「マーキングする理由」

縄張りを主張するために爪とぎをします。

猫の足の裏には「臭腺(しゅうせん)」というものがあって、爪とぎをすることでニオイをつけることができるのです。

このニオイをつける行為を「マーキング」といいます。

なるべく高い場所で爪とぎ(マーキング)をして、「大きくて強い猫がいるんだぞ!」て思わせようとしているのです。


「ストレス解消」

ストレスを発散させるために爪とぎをすることがあります。

何か嫌なことがあったら「ちっきしょー」てバリバリ爪とぎしてストレスを発散しているのです。

nc18a


猫に最適な爪とぎ器を見つける


あなたの愛猫が壁や家具などの傷つけてほしくなところで爪とぎをするようなら、まずは壁や家具よりも「爪とぎしたくなる物(新しい爪とぎ器)」を探して試してみてください。

猫によって爪とぎする場所(方向)や、爪とぎ器の好みが違います。

立ち上がって爪をといでいるなら爪とぎ器は「壁に取り付けられるタイプ」や「キャットタワーの柱につけるタイプ」がいいです。

ほかにも爪とぎ器を「床に置いて爪をとぐタイプ」や「ななめに立てかけるタイプ」にも分かれるので、まずはあなたの愛猫が爪とぎをしている方向に合うものを探してみてください。

そして、方向だけでなく材質によっても好みが分かれます。

爪とぎ器の材質は主に「段ボール」「木」「カーペット」「麻」などがあります。

タンスで爪とぎをしてしまっているなら木製の爪とぎ器を使ってみるなど普段、爪とぎをしている材質と同じような爪とぎ器をまずは選んでみてください。

そして、愛猫の好みが見つかるまで色々と試してみてください。


SPONSORED LINK



爪とぎされたくない場所への防止策とは?


壁や家具に爪とぎをするのは、縄張りを主張するマーキング行為でもあります。

なので、一度でも「爪とぎマーキング」をすると、その場所で何回も爪をとぐようになってしまうことがあります。

爪とぎ防止策として、おすすめしたいのがペットショップやインターネット通販で販売されている「爪とぎ防止シート」です。

(だいたい千円くらいの値段で販売されています)

アイリスオーヤマ ペット用 柱・壁の保護シート 透明 KHS-93T

爪とぎは引っかかる場所じゃないと爪がとげないので、爪とぎ防止シートを貼って壁や家具をツルツルすべる状態にしておけば、その場所で爪とぎをしなくなります。

あとは、爪とぎをしてほしくない壁や家具の前に物を置いて爪とぎできないようにするのもいいと思います。

(爪とぎ器があるなら、いつも爪をとぐ壁や家具の前に爪とぎ器を置いてみてください)

他にも猫の嫌いなニオイ(柑橘系、わさび、)のスプレーもあるので、近づいてほしくない場所にスプレーでニオイをつける方法もあります。


爪とぎ器を全然使ってくれない場合には?


爪とぎ器をせっかく買ってきても全然使ってくれないと買ってきた意味がなくなってしまいますよね。

そんな場合には「ニオイ」で興味を持たせてみてください。

ニオイで興味を持たせる方法として・・・

猫の前足を爪とぎ器にこすりつけるというのがあります。

猫の前足の爪を出して、爪とぎ器にこすりつけることによって猫のニオイをつけるのです。

(猫は一度、爪とぎをしてニオイがついている場所で繰り返し何度も爪とぎをします)

ただ、嫌がるそぶりを見せたらすぐにやめるようにしてください。

あとは、マタタビやキャットニップを爪とぎ器にかけて興味をひいてみる方法もあります。


さいごに


猫は飼い主の気を引くためにわざとソファーなどで爪とぎをすることがあります。

その場合、大騒ぎしてしまうと面白がって何度も爪とぎするようになってしまいます。

飼い主の反応を楽しんで爪とぎをしているようなら、反応しないで無死するようにしてください。

(反応しないで、ソファに布をかけたり、猫の嫌がるスプレーをかけたりして爪とぎができないようにしてください)

それと、壁や家具に爪とぎしていると注意したくなると思います。

でも、猫は叱ってもわからないことが多し、やめないです。

やめないどころか、叱られたことに対してイライラしてさらにバリバリと爪とぎをされる可能性があります。

叱るのではなく、猫が「やらない」とか「できない」といった状態にする工夫をしてみてください。

ちなみに余談ですが、後ろ足の爪は噛んでお手入れしています。

噛むことによって古い爪の層を取り除いているのです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。