猫がトイレ以外でおしっこをしてしまう5つの原因とは?

この記事は4分で読めます

猫がトイレ以外でおしっこをしてしまう5つの原因とは?

猫がトイレ以外でおしっこをしてしまう5つの原因とは?


猫は一度、トイレの場所を覚えたら他の所でおしっこをすることはほとんど無いです。

ただ、環境や体調などの様々な理由によっては、今までしていたトイレ以外でおしっこをしてしまうことがあります。

その理由というのは、大きく分けると・・・

①泌尿器の病気

②トイレ環境

③ストレス

④縄張り

⑤お気に入りの場所

の5つに分かれます。

これから、上記5つの理由と猫のおしっこの種類について詳しくお話させていただきますので、あなたの愛猫がトイレ以外でおしっこをしてしまった場合の参考にしてみてください。


「猫のおしっこ」が2種類あるってホント?


ホントです。

猫のおしっこは2種類あるんです。

普通にする排泄と自分の「なわばり」であることを主張する為に行う「スプレー」というのがあります。

スプレーというのは、猫が尻尾をあげて後ろに飛ばすおしっこのことです。

縄張りを主張する以外にも、自分のニオイがしない新しい環境などで不安を感じると、スプレーしてニオイを壁や家具などに付けます。

スプレーは普通のおしっこよりもニオイがキツイという特徴があります。


SPONSORED LINK



猫の泌尿器の病気


猫は泌尿器の病気になると排泄する時に痛みを感じてトイレ以外でおしっこをしてしまうことがあります。

泌尿器の病気の発症率は

1歳未満で12.5%

1~6歳で45.7%

7歳以上で56.8%

となっています。

7歳以上になると猫の6割近くが泌尿器の病気にかかっていることになるのです。

猫の主な泌尿器の病気は「尿石症」「膀胱炎」「慢性腎不全」です。


「猫の尿石症(にょうせきしょう)とは?」

尿石症とは、尿の中のミネラルが結晶化して結石が出来てしまうことです。

結石ができてしまうと尿道や膀胱を傷つけて炎症を起こしたり、尿道に結石が詰まっておしっこがでなくなったりします。


「猫の膀胱炎(ぼうこうえん)とは?」

膀胱炎は膀胱の中が炎症を起こす病気です。

炎症を起こしていると排泄する時に痛みを伴うため、トイレ以外でしてしまうことがあります。

猫が膀胱炎になる原因は主に感染症と尿石によるものです。


「猫の慢性腎不全(まんせいじんふぜん)とは?」

慢性腎不全とは腎臓(じんぞう)の機能が少しづつ失われている病気です。

猫は元々、腎臓に負担がかかりやすく腎不全になりやすいと言われています。

腎不全になると、水を多く摂るようになるので、尿の量や回数も増えていきます。


あなたの愛猫がトイレ以外でおしっこをするようになったら、まずは病気の可能性がないかどうかを確認してください。

病気の疑いが少しでもあるなら、念のために動物病院で診てもらうようにしてください。


トイレの環境大丈夫ですか?


nc19a

猫は基本的には同じ場所でトイレをします。

ただ、猫は綺麗好きでトイレに対してこだわりを持っているのでトイレに不満があれば別の場所でしてしまいます。

そして、トイレが気に入らないと別の場所でするだけでなく、我慢し過ぎて病気になってしまうこともあります。

猫がトイレ環境に不満を持つ原因は主に3つあります。


①「トイレが汚い」

猫はトイレが汚いのをすごく嫌がります。

自分の脚に排泄物がつくのは嫌だし、臭いがするのも嫌がります。

(猫じゃなくても嫌だと思いますが)

できれば排泄が終わるたびに排泄物を取り除くのが一番いいです。

ただ、時間的に難しいこともあるので気が付いた時には早めに掃除するようにしてください。

砂は週に一度は取り変えて、トイレ容器は月に一回は洗ってあげるようにしてあげた方がいいです。


②「トイレの場所や砂が気に入らない」

トイレの汚れだけでなく、トイレの置いてある場所や砂によってもトイレを使わなくなる場合があります。

例えば、

・落ち着かない場所にある

・トイレ容器の形が気に入らない

・砂の大きさや臭いが気に入らない

などの理由でトイレを使わなくなる場合があります。


③「猫の数に対してトイレ数が少ない」

猫が5匹いるのにトイレが1つしかないような状況だとトイレ以外でおしっこをする猫が出てくることがあります。

猫の数が増えれば、トイレを使用する頻度も増えるので、どんどん汚れてきます。

他の猫の排泄物の臭いがすると、トイレを使いたくなくなったりします。

他にも立場の弱い猫は、好きなようにトイレを使うことができずストレスが溜まってきてスプレー行為に及ぶこともあります。

なるべくなら飼っている猫の数分だけでなくプラス1つトイレを用意してあげれば、汚れているトイレがあっても使用できるからトイレ以外で排泄することがなくなります。

あとは、自動で排泄物を掃除してくれるトイレや吸収力の高い二層式トイレもあるので、時間が無い場合には利用してみるのもいいと思います。

猫のトイレは「清潔」にしてあげるようにしてください。


ストレスが原因の場合とは?


nc19b

猫は環境が変わると大きなストレスを抱えてしまうことになります。

環境の変化というのは、「引っ越しや模様替え(改装)」「家族構成の変化」などです。


「引っ越しや模様替え(改装)によるストレス」

猫は環境が変わると大きな不安を抱えます。

今まで、あった物が無くなって、ニオイもしなくなるとストレスを感じてしまうのです。

他にも改装工事で多くの知らない人が出入りしていたり、大きな音がすると落ち着かなくなってしまいます。

改装工事中にドアを開けっ放しにしてしまうと、外に飛び出して迷子になってしまう可能性があるので気を付けてください。

引っ越し先では、猫グッズ(ケージ、トイレ、ベッドなど)はなるべく新しくしないで以前使っていたものを使用した方がいいです。

自分のニオイがついている猫グッズがあるだけでも不安をやわらげることができますので。


「家族構成の変化によるストレス」

自分を可愛がってくれていた好きな人が結婚や就職などで家からいなくなると猫はストレスを感じます。

反対に赤ちゃんができて家族が増えても自分の縄張りに知らない人が入ってくるのでストレスを抱えることになってしまいます。

ストレスが溜まると壁などにスプレー行為をするようになってしまいます。

子供が猫を構いすぎてストレスを感じているようなら、キャットタワーやケージなどを用意して逃げ込める場所を作ってあげてください。


縄張り(なわばり)意識によるマーキング行為


nc19c

家の中は猫にとって「縄張り(なわばり)」です。

縄張りに不安を感じると壁や家具などにスプレーをしてマーキングします。

猫は本来、自分のニオイが無い場所に不安を感じます。

なので、引っ越した場合や新しい家具などにニオイがついていないとスプレーをして安心できる環境を作るのです。

そして、オス猫は特に縄張り意識が強いです。

去勢をしていない場合は、発情期になるとスプレーしまくることもあります。

あとは、複数の猫を飼っていて仲が悪い場合は、弱い立場の猫がトイレに近づけずにトイレ以外でおしっこをしてしまうこともあります。

猫同士の相性が悪い場合には、部屋やトイレの場所を分けてライバル意識を減らした方がいいかもしれません。


トイレ以外のお気に入りの場所でおしっこをする場合とは?


猫は居心地の良い場所で尿意をもよおす場合があります。

居心地の良い場所というのは、

・クッション

・毛布

・タオル

・洗濯物

・新聞紙などの紙類

・ビニール袋

・靴

・服

などです。

感触が心地良かったり、ニオイが気に入ったら何度もおしっこしてしまうことがあるので、そういった場合には原因となっている物を片づけたり、部屋に入れないような工夫をしてみてください。

そして、おしっこのニオイが残ってしまっているとトイレだと勘違いしてしまうので、消臭剤などで完全にニオイを消すようにしてください。


さいごに


猫がトイレ以外でおしっこをしてしまうと腹が立って叱りたくなることもあると思います。

でも、猫に叱っても意味はないです。

意味がないどころか、「排泄したこと自体が悪いこと」だと勘違いして隠れて見えない場所(すき間)に排泄するようになってしまうことがあります。

そして、叱られたことによって排泄を我慢して泌尿器の病気になってしまう可能性もあります。

叱るのではなく、原因を見極めてトイレ環境を改善したり、ストレスを取り除く工夫をしてあげてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 大山妙子
    • 2016年 10月6日

    猫がトイレ以外の場所でおしっこすり5つの原因。よみましたが、どれにも当てはまらないみたいです。悩んでます。ベッドの上です。カバーを貫通して掛布団、冬は毛布、ひどい時は一番下のマットまでです。カバーにオネショシーツを付けて掛けてますが毎日、おしっこの度にやられるので、もう精神的にしんどいです。仕事してるので昼間はいないですが、帰るとしていることもありまし。多頭飼いなので、その子だけどうにかするのはむりですが、3匹でトイレは3箇所です。他に置けないです。おしっこしたくなると走ってきていきなりベッドのうえに飛び乗りしているので、止める間もないです。3歳半位ですが、2年ほど前からです。どうしたものでしょうか。手放すことも考えてます。

      • pine
      • 2016年 10月8日

      こんにちは、大山さん。
      コメントありがとうございます。

      ベッドの上でおしっこすることに慣れてしまったのですね。
      仕事で疲れて帰ってきて、ベッドの上でおしっこをされると心身共に疲れ切ってしまうことでしょう。
      私が思いつくのは・・・

      ・猫用のオムツをはかせる

      ・ベッドのある部屋に入れないようにする

      くらいです。
      一度、お近くの動物病院にもご相談されることをおすすめします。

    • 山本哲史
    • 2016年 11月6日

    泌尿器の文字ですが、液体なのでさんずいが抜けています。
    誤字です‼

      • pine
      • 2016年 11月11日

      ご指摘ありがとうございます。

    • さくらもち
    • 2016年 11月21日

    3ヶ月になる子猫♀を飼い初めて3週間程になるのですが、始めゎトイレも、用意したトイレでしてくれていたのに、トイレの掃除をして砂も変えてやるとしてくれなくなり、粗相をするようになりました。
    トイレの砂も前のと少しメーカーが違うだけて見た目、感触ゎ同じはずなのですが、やはり猫にゎわかるのでしょうか…
    ホットカーペットの上でするようになり、同じ場所で粗相をするので、トイレをそこにもう一つ増やして置きました。一応始めゎしてくれたのですが、掃除をする度にそのトイレの横でするようになり、カーペットの上です。
    猫を飼うのが初めてなのでどう対処して良いのか悩んでいます。

      • pine
      • 2016年 11月27日

      さくらもちさん、コメントありがとうございます。

      猫はトイレの砂が変わったことにすぐに気づきます。
      トイレの砂だけでなくトイレ自体が別の物に変わったり、トイレの位置が変わるだけで「これはトイレじゃない」て思ってしまうことがあるのです。

      他にもトイレの最中に驚くようなことがあった場合も「このトイレは使いたくない」と感じることがあります。

      そして、一度カーペットの上でしてしまうとカーペットにオシッコのニオイが付いてしまうので「ここがトイレだ」と認識してしまう可能性があります。
      (そうなるとカーペットでしかトイレをしなくなってしまいます)

      まずは、カーペットのニオイを完全に除去してください。
      (中毒を起こさない洗剤を使って、換気も行ってください)

      犬の場合なら粗相した場所に鼻をつけて、次にトイレに連れて行って「トイレはここ」としつけることもできますが猫はできないです。
      猫は「砂のある場所」で本能的にトイレをします。

      ニオイでしつけることはできないですが、砂のトイレに何度も連れていって教えてあげてください。
      根気のいることですが、何度も繰り返しトイレの場所を教えてあげてください。

      どうしても治らない場合は、お近くの動物病院にご相談ください。

    • べに
    • 2016年 12月9日

    こんにちは。

    今日、帰ったら家の猫がいつも寝ている布団をクンクン嗅いで砂をかける動作をしていて、布団をめくったら

    真ん丸の大きなシミをみつけました。少し臭うし···。

    前日トイレ掃除をしたばかりなので驚き、このサイトをみつけました。

    多分、お気に入りの場所だったからかなぁ、と思います。

    近いうちにワクチン接種があるので、獣医さんに聞いてみようと思います。ありがとうございました。

      • pine
      • 2016年 12月26日

      べにさん、コメントありがとうございます!
      砂をかける動作をしていたということなので、トイレだと勘違いされているのかもしれないですね。
      そうですね、獣医さんに一度聞いてみるのが良いと思います。

    • ひな
    • 2016年 12月21日

    これには大きい方も当てはまりますか?十二歳あたりのうちの猫が大きいのだけをトイレ以外でするのですが原因がわからないのです。

      • pine
      • 2016年 12月26日

      こんにちは、ひなさん。
      コメントありがとうございます!

      年齢が十二歳で大きい方だけをトイレ以外でするということですが、調子悪そうにしていたりしていませんか?
      原因が分からない場合は、動物病院で診てもらった方がいいと思いますよ。

    • まい
    • 2016年 12月31日

    3匹飼っていて、3匹ともオスです。去勢手術は3匹ともしていません。

    その内5才と4才の2匹がトイレ以外の場所でしてしまいます。玄関やコタツの掛け布団など…。

    そして、砂だと遊んで散らかってしまうのでトイレは全てシートにして、毎回片付けています。

    去勢していないからなのか、シートだからでしょうか?

      • pine
      • 2017年 1月4日

      まいさん、コメントありがとうございます!

      3匹ともオスで去勢をされていないということなので考えらるる理由はたくさんあります。

      その中でもオスなので「なわばりを主張するスプレー行為」の可能性は高いです。

      それと、猫は「砂の上で排泄したい」という本能があるので一度砂のトイレに戻してみてはいかがでしょうか?

      理由は環境を改善してみないと分からないので色々と変えて試してみてください。

      トイレの粗相をしたときに「量やニオイや色が普段と違う」とか「排泄の時にうなったり、鳴いたるする」といったことがあるなら早めに動物病院で診てもらうようにしてください。

      このままだと、まいさんにとって大きなストレスになるのでどうしていいのか分からない場合も動物病院で相談することをおススメします。

    • 照り焼き チキン
    • 2017年 1月8日

     家の猫2週間に一度位変な泣き声になるんです。普通は(ニャオーン)なのですけど(アオーーンアオンアオンアオーン)と言う泣き声になるんです。(メスです。)まだ、ひにん(しゅづつ)して無いのでしゅづつしたほうが良いんでしょうか?

      • pine
      • 2017年 1月11日

      こんばんは、照り焼きチキンさん。
      コメントありがとうございます!

      猫は年に数回発情期を迎えます。
      発情期を迎えると「大声で鳴く」とか「落ち着きがなくなる」といった行動が見られるようになります。

      そして、避妊手術にはメリットとデメリットがあります。

      メリットは・・・

      「子宮蓄膿症」や「卵巣腫瘍」や様々な感染症などの病気を防ぐことができます。
      他には、発情期の体の負担をなくしたり、性格が穏やかになったりします。

      デメリットは・・・

      運動量や必要なカロリーが減るので太りやすくなります。
      あとは、発情期を迎えたことがある猫は手術をしても発情期の症状(行動)が残ることがあります。

      自分だけで判断が付かない場合は、獣医師さんと相談するのも良いと思いますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。