突然、猫に噛まれた!猫が飼い主を噛む2つの理由とは?

この記事は2分で読めます

突然、猫に噛まれた!猫が飼い主を噛む2つの理由とは?

猫が突然、飼い主を噛む2つの理由とは?


撫でている時に猫が突然、飼い主を噛むことがあります。

そして、噛むときには2通りの理由があります。

その理由というのは・・・

「感情がたかぶってしまったから」

「嫌だから追い払う」

の2つです。

上記2つの詳しい理由と対策方法について、これから詳しくお話させていただきます。


感情がたかぶったら、どうして飼い主を噛むの?


猫の感情がたかぶって飼い主を噛むのは、怒りが我慢できずに噛むという意味ではないです。

むしろ逆で、撫でてもらっているうちに気持ち良くて、嬉しくて、嬉しすぎて・・・喜びがMAX(最高)に達することによって「うわー」て訳がわからなくなり思わず「がぶっ」て噛んでしまうのです。

感情豊かな猫の愛情表現の一つなのです。

猫によっては、噛んだ後に我にかえって、飼い主から離れていく場合があります。

離れていくならいいのですが、場合によってはエスカレートして(遊びモードに入って)さらにガブガブと噛んでくることもあります。

エスカレートしてきた場合には、「猫じゃらし」や「猫のおもちゃ」を使って注意をそらすようにしてください。


SPONSORED LINK



嫌だから追い払う為に飼い主を噛むことがあるの?


基本的に猫は「撫でてほしい時だけ撫でてもらいたい」のです。

最初は撫でてもらって気持ち良くしていても、気分が変わって飽きてしまうことがあります。

もう、撫でてもらうことに満足しているのに、飼い主が気づかずに撫で続けると「しつこいニャ!」て噛んで追い払おうとするのです。


猫に手を噛まれた時の対処方法とは?


猫に手を噛まれるとびっくりして、すぐに手を引っ込めようとしますよね。

でも、猫にまた手を噛まれない(噛ませない)ようにするには、手を引っ込めるのではなく反対に手を差し出した方がいいです。

手を差し出されると猫は、予想外の攻撃にびっくりして噛む動作を辞めたり、身を引いたりするのです。

その時に鼻を軽くたたいて「ダメ!」て伝えると、飼い主の反応を見てダメなことだと理解するようになります。

他にも手を噛まれて、なかなか離さないときには鼻を軽くつまんで口を開かせてから注意をするようにしてください。

それと、撫でられて嫌がっているときには、たいてい猫なりのNGサインを出してきます。

そのNGサインというのは・・・

「フーッ」ていうため息のような息を吐く。

「ニャ、ニャ」と短く鳴きだす。

口元をヒクヒクさせる。

耳を後ろに立てる。

などです。

怒り出してきていると感じたなら、撫でるのはヤメた方がいいです。


飼い主に噛みつくのはオス猫が多いってホント?


x20a

オス猫は、メス猫と交尾するときにメス猫の首すじを軽く噛みます。

オス猫が、飼い主に噛みつくことが多いのは恋人のような存在に感じたり、発情期なのかもしれないです。

そして、その時の噛み方は獲物をしとめるような強い噛み方ではないです。


噛みついた後に、なめてくるのはどうして?


猫が飼い主に噛みついた後に、ペロぺペロと噛んだ場所をなめてくることがあります。

噛みついた後に、なめられると「ああ・・・反省してるんだ」て感じるかもしれませんが、その行為は反省しているわけではなく、なめて味を確認しているだけなのです。

そのまま、なめるのを放っておくとまた「ガブッ」と噛まれる可能性があるので注意してください。


さいごに


猫は、噛むことによって獲物をしとめる習性があるので「何かを噛みたい」という本能的な欲求を持っています。

なので、噛みクセのある猫を噛まないように直そうとするのはすごく難しいのです。

噛むことを直そうとするのではなく、噛む対象を「あなた意外」に変えた方が直すより早いです。

(猫は「しつけようとする」のではなく、工夫して「できないようにする」ほうが早いのです)

遊ぶ時におもちゃなどを使って、噛む対象をあなたの手ではなく、おもちゃの方に変えていってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。