猫の食べ物!猫にとって危険な食べ物や飲み物とは?

この記事は3分で読めます

猫の食べ物!猫にとって危険な食べ物や飲み物とは?

猫にとって危険な食べ物や飲み物があるの?


猫にとって危険な食べ物や飲み物はたくさんあります。

猫が人や犬と同じように「雑食」だと思っている人は多いですが、実際には猫は「肉食」です。

(犬はもともと肉食でしたが、人間と長く暮らしていくうちに雑食になりました)

そして、体が必要とする栄養素も変わってきます。

間違った栄養を与え続けていると、腎臓の病気になったり、肥満によって引き起こされる糖尿病や心臓疾患になる可能性があります。

これから、猫にとって危険な食べ物や飲み物を危険度の高い順番にご紹介させていただきますので、あなたの愛猫が健康でいる為の参考にしてみてください。


すごく危険度の高い食べ物とは?(危険度特大)


「ネギ類」

negi

玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ニンニクなどネギ類は猫にとってとても危険な食べ物です。

ネギ類を猫に与えてしまうと赤血球を破壊して、発熱、嘔吐、下痢、貧血、血尿といった症状を起こすことがあります。

そして、症状が悪化すると死に至ることもあるのです。

直接、ネギ類を猫に与えることはほとんど無いと思いますが、あまったおかずを猫に食べさせる時にネギ類が入っていることがあるかもしれないので注意してください。


「チョコレート(カカオ類)」

tyoko

自分で食べていて美味しいからチョコレートを少しだけ愛猫に与えるということがあるかもしれません。

でも、チョコレートやココアなどのカカオ類を猫が食べるとカフェインやテオブロミンを過剰に摂ってしまって、急性中毒を引き起こす可能性があります。

神経や心臓に症状があらわれて、重症になると命を落とすこともあるのです。

あとは、砂糖のように甘い物は猫に与えない方がいいです。

人間は砂糖のような炭水化物を一番必要な栄養源にしていますが、猫は人間ほど炭水化物を必要としないし、甘味を感じることも無いので「美味しい」とも思わないです。

猫の体に悪影響を及ぼすので、甘い物は全般的に与えないようにしてください。


「アボガド」

アボカド

アボガドは特別、味が濃いわけでもないので猫が食べても大丈夫な気がしますが、アボガドに含まれている「ペルジン」が猫の体には毒になってしまいます。

嘔吐や下痢、胃腸の炎症を引き起こしたり、重症になると死に至ることがあるので気を付けてください。


SPONSORED LINK



危険度が高い食べ物とは?(危険度大)


「スルメ」

surume

猫は、人間と違って食べ物をまる飲みします。

そして、まる飲みしたスルメは、胃の中で水分を含んで10倍以上に膨れ上がることがあります。

膨れ上がったスルメが胃腸に詰まってしまうと、とても危険なので食べさせない方がいいです。


「骨付きの肉や魚」

tikin

肉や魚のニオイがすると近寄ってきて食べたがる猫は多いので、つい与えてしまうことがあります。

ただ、骨のついた鶏肉は縦に肉が割れて、その先端がとがっていることがあります。

そのとがった状態の肉を食べさせると喉にささってしまうことがあるのです。

あとは、猫に魚を食べさせるのは全然問題ないってイメージありませんか?

でも、アジやイワシ、サバなどの青魚ばかり食べさせるとビタミンEが不足して、皮下脂肪が酸化してしまい発熱や痛みを伴う「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」という病気になってしまう可能性があって危険なのです。

それと、魚の骨は小さくても硬くて消化されにくいものがあるので注意してください。


「貝類」

kai

貝類に含まれている成分を猫が摂ったあとに、日光を浴びると炎症を起こしてしまいます。

そして、毛が薄い耳はただれたり、壊死してしまうことがあります。

なので、猫が欲しがったとしても与えないようにしてください。


「アルコール」

alukoru

お酒を飲んでいる時に猫が近寄ってくると、冗談でアルコールをなめさせたりしてしまうこがあるかもしれませんが、猫の体にかなりの悪影響を与えてしまいます。

下痢や嘔吐、震えなどの症状が出て、場合によって命を落とす危険があります。

たとえ少量でも危ないので、面白がってなめさせたりしないようにしてください。


やや危険度が高い食べ物とは?(危険度中)


「レバー」

rebar

何回もレバーを猫に与え続けると、カルシウム不足になって「歩行障害」を引き起こす危険があります。

あとは、ビタミンAを過剰に摂取してしまって骨の発育に異常をきたす可能性もあるのです。

人間にとっては、体に良い食べ物でも猫にとっては病気になる危険性があるので注意してください。


「ナッツ類」

Mixed nuts

ピーナッツやアーモンドといったナッツ類は猫を肥満にしてしまいやすいです。

肥満自体は病気ではないのですが、肥満が原因で様々な病気を引き起こす可能性があります。

あとは、ナッツ類はミネラルが豊富に含まれているので尿石症になってしまう危険があります。


意外と危険な食べ物や飲み物とは?(危険度小)


少しくらいなら大丈夫だけど、知らないで与えていると猫にとって危険な食べ物があります。


「生卵」



加熱してある卵なら何も問題は無いのですが、生卵の場合は卵白を食べ過ぎると、結膜炎や皮膚炎を起こしたり、成長にも悪影響を及ぼす可能性があります。


「牛乳」

milk

「え?何で牛乳がダメなの??」て思われるかもしれませんが、猫には牛乳に含まれる「乳糖(ラクトース)」を分解できる酵素が少ないです。

十分に分解できないと下痢になってしまう危険があります。

子猫には、なるべくならペットショップやインターネットの通販サイトで販売されている「猫用ミルク」を与えてあげてください。


さいごに


猫と人間は必要とする栄養の割合が違います。

なので、人間が普段食べている物を与えてしまうと病気になってしまう危険があります。

一度、与えてしまうと何度でも欲しがるようになってしまうので与えないようにした方がいいです。

人間の食べ物を欲しがる習慣が付いてしまっていたとしても、与えるのを我慢してください。

与えないでいるといずれは関心が無くなりますので。

他にも、今回ご紹介させていただいた以外にも猫にとって危険な食べ物はたくさんあります。

猫には、主食として、総合栄養食のキャットフードを与えるのが一番良いです。

あなたの愛猫が病気にならずに健康で長生きできる為にも、人間の食べ物は与えないようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。