猫の鼻に指を近づけると仲良くなりやすいってホント?

この記事は3分で読めます

猫の鼻に指を近づけると仲良くなりやすいってホント?

猫の鼻に指を近づけると仲良くなりやすいってホント?


ホントです。

いきなり猫の体を触ったり、ジッと猫の顔を見たり、一生懸命話しかけるよりは仲良くなりやすいです。

猫は、お互いの鼻と鼻をくっつけて挨拶をします。

猫同士で鼻と鼻とをくっつけて挨拶をすることは「親愛の証」となるのです。

(敵意が無いことをあらわしているのです)

そして、人間が指を出した時にクンクンと匂いを嗅いでくっつけてけてきたりするのは、鼻のような突起物を見て敵かどうかを確認しようとしているのです。

それで、猫パンチをしてきたり、逃げ出したりしなければあなたに対して警戒していないことになります。

警戒していないから、猫が気持ち良い場所を撫でてあげたりすれば嫌がられたりせずに喜んでくれるはずです。


どうして、猫同士で鼻をくっつけて挨拶するの?


猫は、視力があまり良くない動物です。

ただ、その代わり嗅覚はとても優れています。

なので、たいていのものはニオイで判断をするのです。

ニオイで判断をするので、敵意のない猫同士が初めて会った時などは鼻同士をくっつけて相手のニオイを嗅いで挨拶(確認)をしているのです。

ニオイを嗅いで挨拶をするのは、猫の口の周りの臭腺から出てくるニオイをお互いに嗅いでいるからです。

そして、臭腺から出るニオイから猫の個人情報のようなものが分かるようになっているのです。

ニオイを嗅ぎ終わると、そのまま別れることがあれば、今度はお尻のニオイを嗅ぎ合う挨拶を始める場合もあります。


SPONSORED LINK



猫が急に鼻を押し付けてくることがあるのはどうして?


猫は、飼い主に湿っている自分の鼻をくっつけてくることがあります。

「鼻をくっつけてくる行為」は、猫同士だけでなく人間に対して行ってくることもあるのです。

猫があなたに鼻をくっつけてくるとすれば、それはあなたに対する「愛情表現」です。

冷たく湿った鼻をいきなりくっつけられると、びっくりしてしまうかもしれませんが、あなたに愛情を伝えたいだけなので怒ったりしないように気を付けてください。


猫が鼻の次にお尻のニオイを嗅いで挨拶する意味とは?


猫が鼻の次にお尻のニオイを嗅いで挨拶するのは、鼻の時よりも「一歩踏み込んだ挨拶」ができるからです。

猫は口の周りなどの他にも色々とニオイを出す器官があります。

そして、肛門の両側にある肛門腺からもニオイが出ていて、そこからでる分泌物のニオイで相手のことが分かるようになっているのです。

ただ、猫の鼻同士をくっつける挨拶と違って、お尻同士をくっつけることはあまりなく、片方の猫がもう一方の猫のお尻のニオイを嗅いでいることが多いです。

実際には、ニオイを嗅いでいる猫の方が、ニオイを嗅がれている猫よりも立場が上です。

なので、みんなのニオイを嗅いでいるような猫は、ボス猫なのかもしれないですね。

反対に、ニオイを嗅がれてばかりいる猫は、新入りの猫などの立場の弱い猫です。

たまにグルグルとまわってお互いのお尻のニオイを嗅ごうとしているのは、立場(上下関係)が決まっていない場合です。

その場合には、お互いがニオイを嗅ぎ回っているのです。

そして、しっぽを上げてニオイを嗅がせた方が負けを認めて立場が弱くなります。

さらに、どちらも折れない(譲らない)場合にはケンカになってしまう可能性もあるのです。


猫が人間にすり寄って顔や体をこすりつけるのも臭腺が原因?


nc23a

猫がすり寄ってきて、顔や体をこすりつけてくると「自分に甘えてきてる」と感じて愛らしくなりますよね。

でも、実際には甘えているわけではないんです。

猫同士で鼻やお尻で挨拶をするのは、鼻やお尻のニオイを分泌する「臭腺」があるからなんですが、他にも「顔の頬(ほほ)」や「肉球」「しっぽ」など色々なところにあります。

猫がスリスリと体をこすりつけるのは、「マーキング行為」といって自分のニオイをつける為なんです。

なので、外から帰ってきた飼い主に臭腺のある部分をつけて、改めて自分のニオイをつけているのです。

ただ、猫は誰にでもニオイをつけたいわけではないので、ニオイをつける為にスリスリと体をこすりつけるのは、もっと関係を深めたいという証でもあります。

警戒していたり、嫌っていたら体をこすりつけてはこないのです。


猫のおもしろマーキング画像集


しっかりマーキング!

nc23ab

痛くないんですか?

nc23c

嫌がられてますよね・・・

nc23d

あぶないですよ

nc23e

無理矢理ですね

nc23f

顔が・・・

nc23g

仲良し!

nc23h



さいごに


猫は自分のニオイをつけるのは好きだけど、ニオイをつけられるのは好きじゃないです。

猫が誰か人間にスリスリされてニオイをつけられると一生懸命になめてニオイを消そうとします。

何度も抱きかかえようとすると、ニオイをつけられるのが嫌で逃げていくこともあります。

「嫌われている」と勘違いする人も多いですが、そういうわけではないので気にしなくても大丈夫です。

「猫は気まぐれ」という言い方をされますが、実際には様々な理由があってそう見られているだけなのです。

猫の行動について理解して、あなたの愛猫とより良い関係を築いていってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。