猫の気持ち!猫が突然噛んだり猫パンチの攻撃をしてくる理由とは?

この記事は3分で読めます

猫の気持ち!猫が突然噛んだり猫パンチの攻撃をしてくる理由とは?

猫が突然噛んだり猫パンチしたり攻撃してくる理由とは?


あなたの愛猫が突然、噛んできたり猫パンチなどの攻撃をしてくるのにはいくつかの理由があります。

その理由というのは・・・

・やめてほしいから

・遊んでほしいから

・感情が高ぶっているから

・ストレスが溜まっていて機嫌が悪いから

・飼い主さんより自分の方が立場が上だと思っているから

・生後間もなく親と離れてしまったから

など様々な理由があります。

その時の状況によって攻撃してくる理由が変わってきますので、これから詳しくご説明させていただきます。


やめてほしいから噛んでくる理由とは?


撫でていて気持ちよさそうにしていたのに急に噛まれるのは「もうしつこい」とか「もうやめて」と思っているからです。

最初は気持ちが良かったけど、だんだん飽きてきて嫌になってきたから噛んでしまったのです。

もう十分満足しているのに嫌だから追い払う為に噛むことがあります。

撫でている時に噛まれてしまった経験があるなら、撫でる時はあまり長時間にならないように注意してください。


SPONSORED LINK



ストレスが溜まっているから噛む理由とは?


猫にも人間と同じようにストレスが溜まって機嫌が悪いことがあります。

そんなタイミングで手を出すと猫パンチをしたり噛みついてきたりします。

攻撃してきて機嫌が悪いと感じた場合には、なるべく構わないようにした方がいいです。


遊んでほしいから噛んだり猫パンチしてくる理由とは?


nc30a

猫同士でじゃれ合う時に「噛む」ことや「叩くこと」が遊ぶ時の合図になることがあります。

「遊ぼうよー」てかまってほしい時に攻撃してくるのです。

飼い主さんを攻撃してくる場合は、飼い主さんを仲間だと思っているのです。

愛情表現なので「何するの!」て叱ってしまうと仲間意識まで辞めてしまう可能性があります。

猫によっては飼い主さんの背中を「バシッ」と叩いて逃げていくこともあります。

飼い主さんにとっては「え?ちょっと何?」て理解できない場合が多いです。

でもこれは「追いかけっこしようよ」ていう合図なのです。

こういった時は怒ってしまうと「遊んでくれている」とか「かまってくれている」と勘違いされる場合があるので放っておくのが一番良いです。

「遊ぼう」ていって背中を叩いても何もいいことがなければ「意味がないこと」というのを理解して次からはやらなくなってきます。


感情が高ぶっていると噛んでしまう理由とは?


飼い主さんに遊んでもらって楽しすぎて感情が高ぶると「もーたまらん!」とか「キャー最高!」て気持ちになって思わず「ガブッ」て噛んでしまうことがあります。

感情が高ぶり過ぎてわけが分からなくなってしまっているのです。

猫によっては我に返って気まずそうにしたり、逃げて行ったりします。

単なる愛情表現なので腹が立っても叱ったりしないで放っておいてください。


飼い主さんより自分の方が立場が上だと思っていると攻撃してくる理由とは?


nc30b

猫は家の中で偉い順番をつけています。

そして自分よりも下の人間がちょっかいをかけてくると噛んだり猫パンチで「やめろ」と攻撃してくることがあります。

基本的に猫は飼い主さんにコントロールされるより、コントロールしたいと思っています。

なので気に入らないと攻撃してきたりするのです。

もし、攻撃してきた時には叱るのではなく根気よく「ダメだよ」ということを教えてあげるようにしてください。


生後間もなく親と離れてしまった猫が噛んでくるが理由とは?


生後間もなく親と離れてしまった猫は、じゃれあいの甘噛みを知らないです。

なので噛むときの力加減が分からないのです。


猫に今後、噛まないようにさせるにはどうすればいいの?


猫に今後、噛まれないようにさせるには「鼻」を利用する方法がいいです。

例えば・・・

「ダメでしょ!」て言いながら鼻を軽くたたく

「ダメでしょ!」と言いながら鼻をつまんで口を開かせる

他には、噛まれた時にそのまま噛まれた手をすぐに引かずに差し出すと猫はびっくりして身を引きます。

その時に「ダメだよ」て言ってあげてください。


猫が怒り出すサインとは?


nc30c

猫が「怒り出すサイン」というものがあります。

猫が噛む時のサインは・・・

・耳を後ろに倒す

・口元をひくひくさせる

・「ふーっ」というため息のようなものを吐く

・「ニャ、ニャ」と短い声で鳴く

それと、猫がしっぽを根元から振っているイライラしている時や怒っている時です。

こういったサインが出た時には噛みつく一歩手前な可能性があるので注意してください。


さいごに


今回、ご紹介させていただいた攻撃する理由以外にも・・・

「優しくしたつもりでも猫にしてみると痛かった」

「人には聴き取れない音に恐怖を感じた」

「飼い主さんの行動や服で興奮した」

「病気で痛い思いをしている」

といった理由も考えられます。

それと、繁殖期になると暴れだす場合は去勢や不妊治療で軽減できる場合もあります。

あと、猫に噛まれたり、猫パンチなどの攻撃をされると「怒っている」と感じてしまいやすいですが、よほどしつこいことをしていない限りは怒っているわけではないです。

楽しすぎたり、遊んでほしいから攻撃してくる場合が多いです。

攻撃してきた時に猫を叱ってもあまり効果はありません。

怒られている理由が分からずにパニックになったり、飼い主さんを怖がったりしてしまいます。

あとは、かまってくれている(遊んでくれている)と勘違いして余計、攻撃してきたりすることもあります。

基本的には「遊んで欲しい」ときには相手にしないようにしてみてください。

この方法では遊んでくれないと分かれば、もう攻撃してこなくなりますので。


猫が飼い主さんを噛む理由はこちらの・・・

突然、猫に噛まれた!猫が飼い主を噛む2つの理由とは?

の記事も参考にしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。