猫の鼻はいつも湿ってる?猫の鼻水が病気のサインになる理由とは?

この記事は3分で読めます

猫の鼻はいつも湿ってる?猫の鼻水が病気のサインになる理由とは?

猫の鼻はいつも湿っている?


健康な猫の鼻は冷たくて湿っています。

「ニオイの分子」は湿っているものにくっつきやすいです。

猫は鼻からのニオイで「食べ物」「敵や味方の存在」「獲物」など様々な情報を判断することができるので、鼻は湿っている方が都合がいいのです。

ただ、24時間ずっと湿っているわけではなく「寝ている時」や「寝起きの時」には乾いています。

日中の起きている時に猫の鼻が乾いている場合は脱水症状になっている可能性があります。

なので、起きているときに鼻が乾いている場合は、水の温度を変えたり、水を飲んでもらうようにしてください。


猫の鼻が乾く原因とは?


猫の鼻が乾く主な原因は「空気が乾燥している」からです。

空気が乾燥していると鼻の粘膜が乾燥してしまいます。

鼻の粘膜が乾燥していると、その部分の免疫が低下してしまうので風邪を引きやすくなってしまったりします。

空気が乾燥していると感じたら加湿器などで乾燥を防ぐようにしてください。


SPONSORED LINK



猫の鼻水が病気のサインになる理由とは?


通常、猫の鼻は湿っているものですが「鼻水」や「くしゃみ」が続くようなら体に異変が起きている可能性があります。

鼻に異物が入って、内部の粘膜に異常が起きると鼻水が大量に出るようになります。

他には、暖かい場所から寒い場所に移動した時に鼻水が出ることもあります。

一時的に鼻水が出る場合には問題は無いのですが、鼻水が止まらない状態だと病気になっている場合があります。

特に、鼻水が出る病気の多くは「ネコ風邪(ウイルス感染症)」です。

ネコ風邪は重症になると肺炎になる危険性があります。

他には、ほこりが原因で鼻炎になっていたり、鼻の中に腫瘍ができていることもあります。

鼻炎になると鼻水だけでなく「せき」や「くしゃみ」も出てきます。

そして、猫はニオイによって食欲がわいてくるのでニオイを感じることができなければ食欲を失くしてゴハンを食べなくなってしまったりします。

猫の鼻水が止まらなかったり、くしゃみが出るようなら病気になっていることを疑って病院で診てもらった方がいいです。


猫の嗅覚は人間の数十倍?


nc31a

猫の嗅覚は人間の数十倍から数万倍と言われています。

なので、少なくとも人間の数十倍の嗅覚は持っています。

ニオイは鼻の粘膜にある「嗅覚受容体」を刺激することで感じることができるようになります。

そして、この「嗅覚受容体」の数が多ければ多いほどニオイに敏感で嗅覚に優れています。

嗅覚受容体の数を比較してみると・・・

人間は約1千万個。

猫は約6千5百万個。

犬は中型犬だと約6千7百万個でシェパードのように優れた嗅覚を持つ犬なら2億個もあります。

犬ほどではないにしても、人間よりは猫の嗅覚の方がはるかに優れているのです。

そして、犬は空気中のかすかなニオイをかぎとる能力が高いのですが、猫は「かぎわける」能力が高いです。


猫は柑橘系(かんきつけい)のニオイが苦手?


猫は「みかん」や「レモン」「グレープフルーツ」といった柑橘系のニオイが苦手です。

歯磨き粉のようなミントのニオイは好きなのですが柑橘系のニオイはなぜか嫌がります。

猫が好きなニオイに「マタタビ」があります。

マタタビで気をつけててほしいのは少ない量ならストレス解消になったり、食欲がわいてきたりして良い効果が得られるのですが大量にあげてしまうと呼吸困難になってしまう可能性があります。

猫が喜んでいるからといって与え過ぎないように注意してください。


猫にとって毒になってしまうニオイとは?


nc31b

人間にとってはいいニオイでも猫にとっては毒になってしまうニオイというものがあります。

それは・・・

アロマオイルのニオイです。

アロマオイルを作る為には植物を大量に使うことになります。

猫がアロマオイルを1ccなめるだけで植物を何キロも食べてしまうのと同じことになります。

猫にとっては致死量になるので気をつけた方がいいです。


タバコで猫が病気になる?


猫がなる病気にリンパ腫という悪性腫瘍があります。

その病気になる確率はタバコを吸う飼い主さんと吸わない飼い主さんでは約3倍の発症率の違いがあります。

タバコの煙の副流煙や毛についた有害物質を毛づくろいすることで体内に入ってしまいます。

なので猫の前ではタバコを吸わないようにしてください。


さいごに


猫の鼻は人間よりも嗅覚が優れていますが、人間のように鼻に毛があるわけじゃないので、異物が入りやすいです。

猫の鼻に異物が入って鼻水が出てきた場合には病気の可能性があるので早めに受診するようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。