猫の爪切り!猫の爪切りが必要なホントの理由とは?

この記事は3分で読めます

猫の爪切り!猫の爪切りが必要なホントの理由とは?

猫の爪切りが必要なホントの理由とは?


室内で飼う猫は定期的に爪切りをする必要があります。

その理由は・・・

・カーテンに爪が引っかかって取れなくなる

・暴れたときに人がケガをする危険性がある

老猫の場合、放っておくと肉球に刺さる可能性がある

(場合によっては歩けなくなることもあります)

なので猫の爪切りは定期的に行っていかなければいけないのです。

猫の爪切りは少なくても月に1回は行うようにしてください。


爪切りのときに猫が嫌がって暴れるんですがどうすればいいですか?


nc-34a

猫が爪切りを嫌がるのは「怖い」からです。

嫌なのに押さえつけて爪を切ろうとすると、余計に爪切りを嫌いにさせてしまうだけです。

そのうち爪切りを見ただけで逃げ出してしまうようになってしまうかもしれません。

猫の爪切りで一番やってはいけないことは・・・

無理に切ろうとすることです。

無理に爪を切ろうとすれば「爪切りは怖いもの」と教えているようなものなのです。

まずは、脚をぎゅーと掴むのはやめましょう。

強く握られただけで危険を感じてしまいます。

爪を切る時は猫の脚を軽く持って素早く切る。

気づかれないようにサッと素早く切るようにしてください。

そして、気づいて逃げようとしたり、嫌がっている場合には無理に切ろうとしないようにしてください。

1本しか切れなかったとしても残りは、また次の機会にしてください。

大事なのは猫を緊張させたり、怖がらないようすることです。

猫が熟睡している時に切るのも効果的です。

気づかれないように切ることができますので。

猫が目を覚まして気づかれたらすぐに中止するようにしてください。


SPONSORED LINK



老猫が爪を切らないと危険な理由とは?


猫は年齢を重ねていくとだんだんと動かなくなっていきます。

爪とぎの回数も減ってきて、爪を切る習慣が無いとどんどん伸びていってしまいます。

そして、古いサヤが取れないと爪は湾曲してくるので伸び続けると「肉球に刺さる」可能性があるのです。

老猫の場合は爪を切らないと危険なので最低でも月に1回は切る習慣をつけるようにしてください。


猫の爪切りで注意しなければいけないこととは?


猫の爪切りで一番注意しなければいけないことは「神経まで切ってしまわないこと」です。

猫の爪の根元の方には神経があるので間違って切ってしまうと痛い思いをさせてしまうし、血も出てきます。

根元の方のピンク色に透けている部分は絶対に切らないように気をつけてください。

nc-34b

先端の白い鋭く伸びている部分だけをカットするようにしてください。


人間用の爪切りで猫の爪を切るときの注意点


猫の爪を人間用の爪で切る時には必ず「爪を左右からはさんで切る」というにしてください。

人間の爪を切るように上下ではさんでしまうと爪が割れてしまう可能性があるので注意してください。


猫用の爪切りで爪を切るときの注意点


nc-34b

猫用の爪切りは人間用の爪切りと違ってどこから刃を当てても大丈夫です。

角度を気にしなく切ることができるので、嫌がれてる前にすばやくカットするようにしてください。

素早くカットをするといっても絶対に焦ったりはしないでください。

焦って爪の根元の神経の部分まで切ってしまわないように注意してください。


猫の爪切りの工夫方法とは?


猫の爪切りでの工夫方法は安心させて爪を切ることです。

例えば・・・

・猫の顔にタオルをかけて爪切りをしていることを分からないようにして爪を切る

・洗濯用のネットの中に猫を入れて、ネットの間から脚を出して爪を切る

(猫は何かに包まれていると落ち着きます)

・猫に爪切りのニオイを嗅がせて安心させる

(爪を切るとき以外にもニオイを嗅がせたり、目に見える場所に置いて安心させる)

といったようなことをして、少しでも爪切りに対しての恐怖心を取り除いてあげてください。


さいごに


猫は爪切りを嫌がると警戒するようになります。

猫用の爪切りを見ただけでいなくなったり、脚を触ろうとするだけで嫌がったりするようになることもあります。

そういう時には、爪切りを見せても何もしなかったり、脚を触っても何もしないといった「何もしないよ」という態度を見せてあげてください。

あとは爪を切るときには「さぁ、切るぞ!」て態度ではなくあまり気づかれないように切ってあげてください。

(爪切りを嫌がらないようなら普通にカットしてあげてください)

それと、猫が床の下にいる状態で爪を切ろうとすると、切る態勢がきつくて大変になるので、少し高い場所に猫に移動してもらったから切るようにした方が楽になります。

色々と工夫しながら、やりやす方法を探していってみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。