猫の気持ち!シャーシャーて猫が鳴くホントの理由とは?

この記事は2分で読めます

猫の気持ち!シャーシャーて猫が鳴くホントの理由とは?

猫が「シャーシャー」て鳴くのは攻撃的になっているから?


猫はよく知らない相手を見たときに「シャーシャー」て怒ったように鳴くことがあります。

このような光景を見ると猫が「攻撃的な気持ちになっているのかな?」て感じてしまう人は少なくないです。

でも、それは誤解で実際には攻撃的な気持ちになっているわけではないです。

これから猫が「シャーシャー」と鳴く理由について詳しくご説明させていただきますので猫の行動に対する参考にしてみてください。


猫がシャーシャーと鳴くホントの理由とは?


猫が見知らぬ相手に対してシャーシャーと鳴くホントの理由は 怖いから です。

よく知らない相手で怖いし警戒しているから必死になって「近づくニャッ!あっち行けっ!」て相手を威嚇しているのです。

ただ、猫の威嚇の仕方は2通りあります。

それは「自分を小さく見せる為の威嚇」と「自分を大きく見せる為の威嚇」です。


SPONSORED LINK



自分を小さく見せる為の威嚇とは?


威嚇というのはあくまで「あっちに行け!」というもので攻撃する為に行っているわけではないです。

そして、猫が「地面に伏せて毛を逆立てている状態」で威嚇している時は・・・

「できれば何事もなくやり過ごしたい」という気持ちでいる時です。

見た目は強気で威嚇しているように見えても実際には「怖くて仕方ないけど頑張って虚勢をはっている状態」なのです。

nc44a


なので自然と体を小さく見せるような態勢をとってしまっているのです。

子猫など体の小さい猫によく見られる威嚇のポーズです。


自分を大きく見せる為の威嚇とは?


自分を大きく見せる為の威嚇というのは、体を「逆Uの字」にして自分の体を大きく見せようとする威嚇です。

nc44b2


自分の体をできるだけ大きく見せて追い払おうとしているのです。

この時は、相手の正面ではなく斜めに立って鳴き声は「シャーシャー」ではなく「ウゥ~」という低い鳴き声になります。

自分を大きく見せて(強さをアピールして)も相手が引かない場合には争いになります。

その場合は、もう威嚇ではなく「ミャ~オ~ッ!!(このやろー!!」)」という鳴き声に変わります。


猫は怖い時に「ヒゲ」の位置が変わる?


猫は気持ちの変化によって「ヒゲ」や「耳」「しっぽ」などの位置が変わります。

普段、何もなくリラックスしている時のヒゲはダラッと下に垂れているのですが、警戒している時にはヒゲを顔の後ろにそらせます。



そして攻撃的になっている時には、さらにヒゲは後ろにそらせながら上を向いていくようになります。

気持ちによってヒゲの位置が変わるのです。

例えば・・・

・上にあがっていると怒っている時

・下に垂れているとリラックスしている時

・前に出ていると興味がある時

・後ろにあると怖がっている時

というようにヒゲの位置が変わるのです。

どういう気持ちでいるのか知りたい時には、少し見分けるのは難しいかもしれませんがヒゲを見るのも参考になると思います。


さいごに


猫はとても警戒心の強い動物です。

なので心を許していないと近づかないし、場合によっては「シャーシャー」と大きな声で鳴くこともあります。

特に複数の猫が家で暮らすことになった場合には、初めて見る相手に対して「シャーシャー」と威嚇し合ったりします。

このような場合には、人間が手を出したり無理に仲良くさせようとしないようにしてください。

だいたい1~3日くらいでお互いのニオイを嗅いで存在を確認しあうようになります。

よほど相性が悪くない限りは1週間もしないうちにお互いのルールができたり、コミュニケーションがとれるようになりますので。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。