子猫の育て方!最初に必要な猫グッズとは?

この記事は3分で読めます

子猫の育て方!最初に必要な猫グッズとは?

猫グッズについて


家に迎え入れる子猫が決まったら「猫グッズ」をそろえる必要があります。

急に子猫を飼うことになってしまう場合の最低限必要な物やすぐに必要ではなくても少しづつそろえていった方がいい猫グッズなど猫を飼う上でかかせない物についてご紹介させていただきます。

あなたが初めて子猫と暮らすことになった時の参考にしてみてください。


子猫と暮らすために必要な猫グッズとは?


①「キャリーバッグ」


nc4701a

まず最初に必要になるのが猫を引き取ったり、動物病院で健康状態をチェックしてもらいに行くための「キャリーバッグ」です。

キャリーバッグには素材が布製やプラスチック製だったり、開く場所が上側や横側にあるなど様々なタイプの物があります。

自分で使いやすいと思える物を選ぶようにしてください。

キャリーバッグをすぐに用意できない場合は、スポーツバッグなどで代用することもできますが、その場合はバッグの中にタオルを敷いて通気性やバッグの中の温度にも注意をするようにしてください。


②「フード皿と水皿」


nc4701b

子猫がゴハンを食べるための「フード皿」と水を飲むための「水皿」が必要になります。

子猫の場合は食べやすいように小さ目の皿を用意してあげてください。

(深すぎる皿だと食べづらくて、あまり食べないようになってしまう場合があります)

ステンレス製や陶器、ガラスの皿は菌が繁殖しにくいです。

陶器の皿は重さがあった方が皿が動きにくいので良いです。


③「子猫用のミルクと哺乳瓶(乳飲み子の場合)」


MINOLTA DIGITAL CAMERA

nc4701d

猫が乳飲み子の場合は子猫用のミルクと哺乳瓶が必要になります。

人間が飲む牛乳や子犬用のミルクではなく猫用のミルクを与えるようにしてください。

牛乳や子犬用のミルクだと母乳の成分が違うのでちゃんと育たない可能性があります。

哺乳瓶の場合は飲み口が細いタイプを選ぶようにしてください。

あとは、小さい容器の方が温め直しがしやすくて便利です。


④「猫のトイレと猫の砂」


nc4701e

トイレには色々なタイプの物がありますが子猫の場合は、なるべくフチが低いタイプの物を選んであげてください。

あとは猫の砂ですが以前使っていたタイプの物を選んだ方が問題が起こりにくいです。

それと用を足したあとの砂を取るための「スコップ」も必要になります。

もし、猫のトイレを買っている時間が無い場合には応急処置として段ボールにビニール袋を敷いて砂を入れた簡易トイレを用意してください。

nc4701f


⑤「猫用のベッド」


nc4701g

猫用のベッドがあると猫はその場所でくつろぐことができます。

猫用のベッドはホームセンターやペットショップなどに色々なタイプの物が販売されています。

ただ、猫専用のベッドを購入しなくても百円ショップのお店で適当な大きさのカゴを買ってきてタオルを敷いたような物でも十分です。

猫は狭い空間があると落ち着くことができるのです。

nc4701h


⑥「ペットヒーターや湯たんぽ」


nc4701j

nc4701k

寒い時期に子猫を引き取ったり、子猫が生後一か月未満の場合は自分で体温の調節ができないので温めてあげる必要があります。

ペットヒーターや湯たんぽなどで温めてあげるようにしてください。

その時に子猫が「やけど」をしてしまわないように毛布などを使って体に直接当たらないようにしてあげてください。


すぐに必要なくても後から購入した方が良い物


すぐに必要なくても後から必要になってくる猫グッズについてご紹介させていただきます。


①「爪とぎ器」


nc4701l

猫にとって「爪とぎ」はストレスを解消したり、マーキング行為であったりと重要な意味を持ちます。

もし、爪とぎ器が無いと部屋中を傷だらけにされてしまう可能性もあります。

爪とぎ器には木や段ボール、麻といった様々な素材の物があります。


②「猫用の爪切り」


nc4701m

爪切りは、なるべく子猫のうちからやっておいた方がいいです。

大きくなってからいきなり爪を切ろうとすると嫌がってかなり抵抗してくることになったりしますので。

猫の爪には途中から神経の通っている部分があるので切り過ぎないように注意してください。


③「猫用ブラシ」


nc4701n

長毛種の猫になると毎日のようにブラッシングが必要になります。

猫用のブラシが販売されているので使うようにしてください。


④「猫用の首輪」


猫はどんな場所でも入っていってしまうので家の中でもどこにいるのか分からなくなってしまうことがあります。

猫用の首輪の場合は「鈴(すず)」が付いているのでいなくなった場合に探しやすくなります。

(首輪に慣れてくると鈴の音を鳴らさないように歩ける賢い猫もいますが付けていた方が安心です)


さいごに


子猫を新しく飼う時にはたくさんの猫グッズをそろえないといけないので大変です。

大変ですが、あなたがそろえてくれるおかげで愛猫が快適に過ごせるようになります。

カワイイ猫グッズがたくさん販売されているので楽しみながらそろえるようにしてください。

自分で作る場合も楽しみながら作るようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。