猫の病気対策!ワクチン接種は必要?しないとどうなるの?

この記事は3分で読めます

猫の病気対策!ワクチン接種は必要?しないとどうなるの?

ワクチン接種は必要?


ワクチン接種は必要です。

その理由は・・・

猫がいつ感染症にかかってもおかしくないからです。

ワクチン接種で予防できる病気は命にかかわる危険な病気ばかりです。

ワクチン接種をしておくことで、病気を発症しなかったり、軽度の症状で済ませることができます。

それと、基本的に動物は体調が悪くても隠そうとします。

その理由は野生の世界で弱っているところを見せるとすぐに襲われてしまうからです。

そして、それは猫も同じで一緒に暮らしていても猫の調子の悪さに気づかないことがあります。

あなたの愛猫が感染症にかかっていても気づいてあげられないことがあるのです。

「家から猫を出していないから大丈夫」と考えている飼い主さんがたまにいますが、そんなことはないです。

室内でしか飼っていない場合でも感染症にかかることがあります。

人間がウイルスを持ちかえる可能性があるからです。

ウイルスが靴や服についていたり、野良猫を触ったりすると猫が家から出なくても感染症にかかる可能性があります。

そして、もし猫を家の外に出してしまうと感染症にかかる危険度は一気に跳ね上がります。

愛猫の健康を考えるならワクチン接種は絶対に行った方がいいです。


どうしてワクチン接種で感染症を予防できるの?


ワクチンというのは、そもそも病原体なんです。

猫だけではなく人間の体もですが病気の元になる病原体を体に入れると「免疫力(めんえきりょく)」というのが付きます。

この免疫力は非常に優秀で一度体の中に入ってきた病原体を記憶していて、同じ病原体が入ってきても抵抗力がついて大丈夫になるんです。

なので感染症の元となるワクチンを体に入れることで、同じ病原体が後から入ってきても平気になったり、症状が軽くなるのです。

ただ、ワクチンで得た免疫力は徐々に減っていってしまいます。

なので定期的にワクチン接種をする必要があるのです。

(人間のインフルエンザ予防接種も同じ原理です)


SPONSORED LINK



ワクチン接種はいつ、どのタイミングですればいいの?


ワクチン接種は年齢によって接種する回数が変わってきます。

目安としては・・・


・生後2ヶ月で1回

・生後3ヶ月で1回

・1歳3ヶ月で1回

・7歳以下は最低でも年に1回

・7歳以上は半年に1回


となっています。

子猫は抗体量が少ないので成猫よりも接種する数が多くなります。

ペットホテルなど猫を預かるサービスでは条件として「1年以内にワクチン接種を受けていること」が条件になっている場合があります。


ワクチン接種で予防できる病気とは?


nc58b2


感染症の中には感染してしまうと治すことが難しい病気や後遺症が残ってしまう病気もあります。

ワクチン接種で防げる病気は危険なものが多いです。

これから、ワクチン接種で防ぐことができる病気についてご紹介させていただきます。


ネコ風邪


ネコ風邪(猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、クラミジア感染症)

猫カリシウイルス感染症は「猫のインフルエンザ」とも呼ばれています。

ネコ風邪は「くしゃみ」や「鼻水」など人間の風邪と同じような症状が出る病気です。

ウイルスによっては口内炎、結膜炎、肺炎、下痢、脱水症状になってしまうこともあります。

そして、子猫がなってしまうとすぐに治療しなければ、慢性的な「蓄膿症(ちくのうしょう)」や「鼻炎」になってしまう可能性もあるのです。

そして、最悪の場合は肝炎を併発して死に至る危険性もある病気です。

風邪なら放っておけばいずれ治ると思ってしまうかもしれませんが危険な病気だということを覚えておいてください。


猫汎白血球減少症(ねこはんはっけっきゅうげんしょうしょう)


感染力がとても強いウイルスで潜伏期間も短いです。

症状としては「下痢」「嘔吐」「発熱」「貧血」「脱水症状」があります。

免疫力の低い子猫が感染すると命を落とすことがあります。


猫白血病ウイルス感染症


血液に異常をきたす恐ろしい病気で「猫の白血病」と言われています。

症状としては「貧血」「白血球の減少」「細菌感染」「悪性腫瘍」などがあります。


猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)


免疫力が徐々に失われて完治が難しい病気です。

感染してから発症するまでに時間がかかり、長いと10年くらい潜伏期間があったり、猫によっては発症しないまま天寿をまっとうする猫もいます。

症状としては免疫力の低下によって細菌感染を起こして「口内炎」「慢性鼻炎」「結膜炎」などになってしまいます。


ワクチン接種で注意する事とは?


nc58c


ワクチンの接種前と接種後で注意してほしいことについてご紹介させていただきますので、ワクチンの接種をする時の参考にしてみてください。


ワクチン接種前に注意してほしいこと


「血液検査で感染していないかを調べる」

すでに病原体に感染していた場合は、ワクチン接種することで病気を誘発してしまうこともあります。

なので、ワクチン接種をする前に血液検査で調べるようにしてください。


「体調が悪い時にはワクチン接種をしない」

動物病院で診てもらえば体調の良し悪しが分かるとは思いますが、「予定が今日しか空いてないから無理にでもワクチン接種しないと・・・」なんてことを考えて無理矢理ワクチン接種してしまうと危険です。

猫の体調が悪い時にワクチン接種をしてしまうと「副反応」が出てしまう可能性があるので、無理はしないようにしてください。


ワクチン接種後に注意してほしいこと


「ワクチン接種が終わった後の最低15分くらい病院にいる」

ワクチン接種が終わった後に「アナフィラキシーショック」というアレルギー反応が出ることがあります。

ほとんど出ることは無いですが、もし症状が出たときにすぐ対処してもらえるように15分くらいは動物病院にいた方がいいです。


「ワクチン接種をした日はシャンプーや遊びを控える」

ワクチン接種をした日は猫に負担がかかるようなことや激しい動きはしないようにした方がいいです。

接種後に熱が出ることもあるので、その時は動物病院に連絡をしてアドバイスを受けるようにしてください。

そして、必要なら直接病院に行って診てもらうようにしてください。


さいごに


ワクチン接種をすることで、あなたの愛猫の健康を保つことができます。

感染症を予防するには大切なことなのでワクチン接種をして守ってあげてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。