猫の病気!猫の目に「目やに」が出る病気の原因とは?

この記事は4分で読めます

猫の病気!猫の目に「目やに」が出る病気の原因とは?

猫の目に「目やに」が出る病気の原因とは?


猫に「目やに」が出るときは、治療の必要がない場合から非常に危険な場合があります。

眼瞼(まぶた)、第三眼瞼(瞬膜)、結膜、角膜、緑内障などあらゆる目の中の異常で目やには出てきます。

子猫だとヘルペスウイルスによって「結膜炎」や「角膜炎」から重度の目やにを引き起こしてしまう場合もあります。

様々な要因で目やにが出てくるのですが「目の色」や「目やにの色」である程度の原因を特定することができます。

これから、猫の「目の色」や「目やにの色」によって考えられる原因と病名をご紹介いたしますが、自己判断をせずになるべく早く動物病院で診てもらうことをおすすめします。


白目が赤い場合


白目というのは、半透明の結膜と白い強膜のことです。

白目の赤みが強かったり、目やにが付着していたり、腫れている場合は動物病院での治療が必要になる場合が多いです。

nc64a2


白目に血管が充血して、赤く見えることがあります。

本来は白目に血管が見えることはないのですが、運動した後に血管が充血することがあるのです。

その場合は、一時的に赤くなっているだけなので落ち着けば元に戻ります。

落ち着いても赤みが戻らなければ異常な状態の可能性があるので、すぐに病院で診てもらうようにしてください。


黒目が白い場合


黒目というのは角膜、水晶体、虹彩、眼房水(がんぼうすい)などの黒く見える部分のことです。

nc64b


角膜が白い場合は、「ぶどう膜炎」や「緑内障」の可能性があります。

水晶体が白い場合は、「核硬化症」や「白内障」の可能性があります。

眼房水が白い場合は、「ぶどう膜炎」や「高脂血症」の可能性があります。


目やにが黄色、薄緑色、茶色の場合


目やにが黄色、薄緑色、茶色の場合は、細菌感染が原因となります。

多くの場合はウイルスからの二次感染です。

結膜炎が原因となって炎症が起きて、ベタベタした膿(うみ)のような目やにが出ます。


目やにが灰色や白色の場合


目やにが灰色や白色の場合は、生理的なもので問題無い場合が多いです。


透明な水っぽい目やにの場合


透明な水っぽい目やには、涙が成分となっているものです。

「逆さまつげ」による刺激や、ウイルス感染症の初期状態の可能性があります。

その後は、細菌の感染によって茶色っぽい目やにに変わってきます。


SPONSORED LINK



応急処置の方法


応急処置は「目やにを拭き取る」ことです。

目やには、そのまま放っておくと二次感染などを引き起こして症状が悪化してしまうことがあります。

なので拭き取って、清潔に保つ必要があるのです。

濡らしたガーゼで丁寧に拭き取ってあげてください。

もし、感染症の場合は他の猫も感染する可能性があるので多頭飼いの場合は注意してください。

感染源になるかもしれない拭き取った後のガーゼの取り扱いにも気をつけるようにしてください。

(熱消毒か捨てるようにしてください)

自己判断で人間用の目薬をさしてしまったりすると症状が悪化してしまう可能性があります。

応急処置の後は、早めに動物病院へ行くようにしてください。


目やにが出たときに考えられる目の病気とは?


目やにが出たときに考えられる病名についてご紹介させていただきます。


眼瞼欠損(がんけんけっそん)


眼瞼(まぶた)の病気です。


「原因と症状」

生まれつきの病気で眼瞼の一部が正常に作られていない状態です。


「治療方法」

症状の重さにもよりますが、手術をします。


結膜炎(けつまくえん)


白目の部分の薄い膜(まく)の「結膜」が充血している状態です。

猫の目の病気で一番多くみられる症状です。


「原因と症状」

「ネコ風邪」と呼ばれるウイルス感染によって二次的に結膜炎にもなることが多いです。

あとは、目に異物が入って傷がつくことによって炎症を起こすこともあります。


「治療方法」

治療は動物病院での「目薬」の投与が中心となります。

ただ、目薬といっても人間用の物ではないので、自己判断で普段使っている人間用の目薬を投与したりはしないでください。


角膜炎(かくまくえん)


目の表面をおおっている角膜が炎症をおこす状態のことです。


「原因と症状」

ケガが原因の場合と病気が原因の場合があります。

ケガの場合は、猫同士のケンカや目に異物が入って角膜が傷つきます。

痛いからこすることで症状がさらに悪化します。

病気の場合は、ウイルスや細菌などの感染や結膜炎、緑内障などの病気によって角膜炎になることがあります。


「治療方法」

目の中に異物が入っていて取れない状態なら除去手術をします。

病気で角膜炎になった場合は、その病気の治療を行います。

その後は、目薬の投与による治療になります。


ぶどう膜炎(ぶどうまくえん)


目の中の炎症は、ぶどう膜(虹彩、毛様体、脈絡膜)を中心に起こるので「ぶどう膜炎」と呼ばれています。


「原因と症状」

原因は様々で、猫伝染腹膜炎ウイルスや免疫の異常、目の中の腫瘍(しゅよう)、高血圧やリンパ腫などによって起こります。

症状としては目に痛みがあって、重度になると緑内障や網膜剥離(もうまくはくり)になって失明してしまう場合もあります。


「治療方法」

原因が目だけでなく全身になると命に関わる危険があるので、原因をよく調べたうえで状態に適した治療となります。


緑内障(りょくないしょう)


目が緑色や黄色になることから緑内障と呼ばれています。


「原因と症状」

目の中で余分な水分があると涙として出てくるのですが、目の中の水量を保てなくなりバランスが崩れると涙として出せなくなり眼圧が高まって緑内障になってしまいます。

緑内障になると目の色が変わるだけでなく、牛眼といって目が飛び出して失明する恐れもあります。


「治療方法」

症状によって内科療法を行う場合と手術をする場合とに分けれます。


目が腫れている場合の原因とは?


目が腫れている原因は「どこが腫れているのか?」によって変わってきます。


「結膜が腫れている場合の原因」

結膜が腫れている場合は、「ヘルペスウイルスによるネコ風邪(ネコウイルス性鼻気管炎)」によって「結膜炎」や「角膜炎」になっている可能性が高いです。


「眼球が腫れている場合の原因」

眼球が腫れている場合は「緑内障」の可能性があります。

緑内障は目がかなり痛くなり失明する恐れのある危険な病気です。

あとは、眼球が腫れている場合は、目の奥に腫瘍(しゅよう)ができていることもあります。


目が腫れていたらすぐに動物病院で診てもらってください。

そして、もしケガをして出血している場合には応急処置としてガーゼなどでおさえて止血するようにしてください。


動物病院に行った方が良い目の状態とは?


人間と違って猫は異常を訴えることができません。

痛い時に鳴くことくらいしかできないのです。

ただ、猫が痛くて鳴いている時には症状がかなり悪化している可能性があります。

なので、少しでも目に異常が見られる場合には自己判断をせずに、すぐ動物病院に行くことをおすすめします。

目の異常というのは・・・

・しきりに目をこする

・目の表面が傷ついている

・目が腫れている

・左右の目の大きさが違う

・目のふちが赤い

・目を細めてまぶしそうにしている

・目の色が違うように感じる

上記のような症状や行動が見られる場合には、すぐに動物病院で診てもらうようにしてください。


さいごに


目の病気を放っておくと失明してしまう危険性があります。

そして、感染症の場合は動物病院での治療が必要になります。

少しでも不安がある場合は「きっと大丈夫だろう」と楽観視せずに早めに病院で診てもらうようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。