猫の病気!よだれが出たり口臭がする原因とは?

この記事は3分で読めます

猫の病気!よだれが出たり口臭がする原因とは?

猫がよだれを出したり口臭がするのは病気だから?


猫は基本的には、お腹が空いていたり、美味しそうな食べ物が目の前にあることで「よだれ」を垂らすことはないです。

猫が「よだれ」を垂らしていたら口の中の病気や何か問題が起きているからです。

そして、猫の口から異臭がする場合も口の中の病気になってしまっている可能性が高いです。

これから猫がよだれを出したり口臭がする原因と病名や症状について詳しくご説明させていただきますので、あなたの愛猫の調子が悪い時の参考にしてみてください。


猫がよだれを出したり口臭がする原因とは?


猫がよだれを出したり、口臭がする原因は大きく分けると「消化器系の異常」と「腎、泌尿器系の異常」「感染症(細菌とウイルス)」になります。


消化器系の異常が原因の場合


猫がよだれを出したり口臭がする原因は色々とあるのですが、一番多いのが「口の中の病気」です。

「歯周病(ししゅうびょう)」や「口内炎(こうないえん)」などの病気になることによって、よだれが出たり口臭がするようになります。

例えば、口の中に何か異物が刺さって傷つけてしまうことで「炎症(えんしょう)」を起こすことで口内炎になってしまったりします。

歯周病の場合は、食べた物の残りカスに雑菌が繁殖して「歯垢(しこう)」が溜まって、その歯垢が歯肉炎や歯槽膿漏(しそうのうろう)といったものになって歯周病になります。

口の中の異常の場合は、唾液(だえき)が多く出るので、その唾液が口の周りに付くことも口臭の原因となります。


SPONSORED LINK



腎、泌尿器系が原因の場合


「腎炎」や「腎不全(じんふぜん)」が進行することで「尿毒症(にょうどくしょう)」が口臭の原因となっている場合があります。

尿毒症が口臭の原因となっている場合は、アンモニアの臭いがします。

腎不全とういのは、腎臓の機能が低下してしまう病気です。

腎不全になると体の中で作られたアンモニアなどの有害な老廃物が体の外に排出できなくなります。

有害な物質を体外に排出することができなくなって「尿毒症」になってしまうのです。

尿毒症になると口の中からアンモニア臭がするだけでなく「吐く」「けいれん」「脱水症状」「体温低下」などの症状もあらわれます。


感染症が原因の場合


感染症というのは「強いウイルス」「原虫」「微生物」「真菌(しんきん)」によってかかる病気のことです。

歯周病は「猫エイズ」や「猫白血病ウイルス感染症」によっても免疫が低下している時になってしまうことがあります。

猫エイズはウイルスに感染してから約1ヵ月で発熱したり、体全体のリンパが腫れるなどの症状が出ますがこの症状自体は自然に消えます。

(自然に治るわけではないです)

その後に、免疫力が徐々に落ちてきて数年後に「歯肉炎」や「口内炎」「鼻炎」「結膜炎」といった症状があらわれます。

この中で多いのが「口内炎」で口臭やよだれが目立つようになってくるのです。


病気でよだれが出ている時の猫の行動とは?


nc65a


猫がよだれを出す場合は病気の可能性が高いのですが、その時に異常が感じられる行動を取ります。

その行動をご紹介させていただきます。


ゴハンが食べられない


口の中に痛みがあったり、歯がグラグラしているとゴハンを食べられなくなります。

食べ物を噛むことが難しくなるので食べることを辞めてしまうのです。

そして、食欲が減っていって衰弱していきます。


口をこすりつける


口に違和感を感じているので柱や床、前脚などで口をこするようになります。

口をこするのは口の中で何らかのトラブルが起きているからです。


口からよだれが出たり、口臭がする場合に最初に確認することとは?


口からよだれが垂れていたり、口臭がする場合にまず確認することは口の中をあけて状態を見ることです。

状態というのは・・・


「歯茎がはれている」

歯周病や歯肉炎になっていると歯茎がはれて、出血することもあります。


「歯茎に何か異物が刺さっている」

歯茎に異物が刺さると大量によだれが出ます。

そして炎症も起こして口の中から異臭もします。


「泡を吹いている」

泡を吹くのは、脳や神経の病気、てんかん発作、中毒になっている可能性が高いです。

この場合は、泡状のよだれが口の中から出てきます。


「舌の色が変色している」

舌の色が白色とか赤色に変色するのは「舌炎(ぜつえん)」になっているからです。

舌が白くただれたり、赤くなって炎症を起こしているのです。

原因は主にウイルスや細菌による感染症です。

他にも電気コードをかじって火傷(やけど)したり、口の中に異物が刺さることでなることもあります。


「口の中の粘膜がただれている」

口内炎になったり、猫エイズにかかると口の中の粘膜がただれたり、出血をしたりします。


「吐いてしまう」

吐くというとグルーミング(毛づくろい)が原因でお腹に毛が溜まって吐いてしまうと思っている飼い主さんは多いですが、毛以外の異物を飲み込んだり、食道に異常がある時にも吐くことがあります。

吐いたり、よだれを垂らしたりします。


口の中の病気を予防するには?


nc65b


口の中の病気を予防するには定期的に「歯磨き」をする必要があります。

ガーゼで拭いたり、歯ブラシで口の中を清潔にしておくことで口の中の病気を防ぐことができます。


さいごに


今回ご紹介させていただいた原因以外に「熱中症」によって、よだれが出る場合があります。

その場合は、暑い場所にいて苦しい感じであえぐように「よだれ」を垂らします。

他にも「糖尿病」にかかることで口臭だけでなく体から甘酸っぱいような臭いを発することもあります。

今回ご紹介させていただいた内容以外でも、よだれが出たり、口臭がする原因はあります。

ただ、注意して欲しいのは猫がよだれを垂らしたり、口臭がするのには必ず原因があるということです。

そして、放っておくと病状が悪化して取り返しのつかない状態になってしまう危険性があります。

異常を感じたら自己判断をしないで早めに動物病院で診てもらうようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。