猫の舌がザラザラしているホントの理由や特徴とは?

この記事は3分で読めます

猫の舌がザラザラしているホントの理由や特徴とは?

猫の舌がザラザラしている理由とは?


猫に舌で顔や手を舐められて「ザラザラッ」とした感覚を肌に感じたことはありませんか?

肌が敏感な人だと猫に舐められると痛く感じることもあります。

この舌のザラザラの正体は「糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」と呼ばれる突起によるものです。

nc74a


ザラザラの糸状乳頭が猫の舌に付いている理由とは?


猫にとって舌に付いているザラザラの突起物「糸状乳頭」はなくてはならないものです。

猫の舌は人間の舌とは違い食べ物の味を確かめるためにあるというより「道具」として使うことが多いです。

どのようにして使うのかと言いますと・・・

・「水など口に入れた物を外に逃がしにくい構造になっている」

・「獲物を捕まえたときに骨から肉をそぎ落とすことができる」

・「毛を整えたり、ゴミや抜け毛を取り除くブラシの役割ができる」

といった使い方をしているのです。


猫が舌でペロペロと舐めてくるのはどうして?


猫が飼い主さんの顔や手をペロペロと舐めてくるのは愛情表現です。

仲の良い猫同士だと、自分の舌で届かない顔の周りを舐め合ってグルーミング(毛づくろい)をします。

同じように飼い主さんのことが好きだから舐めてくれているのです。

ちなみに親猫が子猫を舌で何度も舐めることがあるのですが、これは毛づくろいができない子猫にグルーミングするだけでなく「マッサージ効果」もあります。

舌で舐めてあげると子猫が気持ち良くなって眠りにつくのを助けてくれる効果があるのです。

「猫の舌と歯ブラシの感覚が似ている」と言われているので、使い古しの歯ブラシがあれば試してみてください。

喜ぶ猫は結構いますので。

SPONSORED LINK




猫は味覚をほとんど感じないの?


猫の味覚には、味によって「鋭いもの」と「ほとんど感じないもの」があります。


「塩味」

猫は塩味を感じる力が弱いです。

自然の中で生活するために塩味を知る必要がほとんど無いからです。

塩味を全然感じない猫もいます。


「苦味(にがみ)」

猫は苦味に対する味覚は鋭いです。

その理由は毒物を避けるために苦味に敏感な必要があるからです。


「酸味(さんみ)」

酸味は猫の味覚の中で最も発達しています。

その理由は、腐っているものを酸味で判断するためです。

腐っているものを間違って食べてしまわないように酸味の味覚が発達したのです。

猫が柑橘系を嫌うのはニオイが苦手だからですが、腐っているニオイと同じ酸味を感じるから嫌がっているのでしょう。


「甘味」

猫は甘味を感じないです。

その理由は、エネルギー源となる食べ物に甘味を感じるようになっているからです。

食べるものがほとんどエネルギー源であれば「甘い」という感覚は感じなくなります。


猫の舌は水の味に敏感?


猫の舌は水の味にとても敏感です。

動物の中でも特に猫は水に対する味覚がとても優れていると言われています。

nc74b


猫が「花瓶の中の水」や「お風呂の残り湯」を好んで飲むのは塩素が抜けているからです。


猫ってホントに猫舌なの?


猫舌と言うと「熱いものが食べられない」ことを言いますが実際に猫は猫舌です。

熱いものが食べられないです。

自然の世界では特別な場所でない限り熱いものは無いです。

そして、猫が野性の頃に食べていたものは、さっきまで生きていた動物です。

熱いものを食べることが無かったのです。

(猫だけでなく基本的に動物はみんな猫舌で熱いものが苦手です)

ただ「熱いもの」が食べられないだけじゃなく「冷たいもの」も食べられないです。

(舐めるくらいはするかもしれませんが氷のように冷たいものを食べようとはしないです)

本当の猫舌は熱いものだけじゃなく冷たいものも苦手なのです。


猫が同じところばかり舐めるのは不調のサイン?


猫が自分の体の同じ場所ばかり舐めることがあります。

中には舐めすぎて、その部分が剥げ上がってしまう猫もいます。

その場合には異物が刺さっていたり、皮膚病になってしまっている可能性があります。

(精神的なストレスで舐める場合もあります)

もし、あなたの愛猫が同じ場所ばかり舐めていて「何かおかしいな・・・」と感じたらなら早めに動物病院に行って診てもらうようにしてください。


さいごに


猫の体の仕組みや行動などすべてのことに当てはまるのですが、猫は家猫になっても「野性の頃の習性」がずっと残っています。

そして、舌のザラザラした突起や味覚などもすべて野性の頃から「生きる為」に身についたものです。

舌だけでなく、ほぼすべての体の仕組みや行動は「野生の頃の習性」が元になっているのです。

「何でこんなことをするんだろう?」とか「何でこんな体の仕組みなっているんだろう?」と感じた時には「野性の頃の習慣」に関連づけて考えてみると理解しやすいと思います。

愛猫が理解できないことをした時にはイライラしたり、怒ってしまったりする前に行動の理由を考えてみてください。

理解が深まればより良い関係になれますので。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。