猫の気持ち!猫は寂しさを感じることがあるの?

この記事は2分で読めます

猫の気持ち!猫は寂しさを感じることがあるの?

猫は寂しさを感じることがあるの?


猫が一匹でお留守番をしていたり、親や兄弟と離れると「寂しいんじゃないのかな・・・」と感じることがあるかもしれません。

ただ、基本的に猫は・・・

「寂しい」と感じることはありません。

寂しいと感じる動物は、群れで暮らして知能が高い動物だけです。

猫は本来、一匹で行動する動物なので「寂しい」という感情をほとんど持っていないのです。

ただ、仔猫の時の気分がなかなか抜けない猫は飼い主さんがいないと寂しいと感じることがあるようです。


猫は離れてしまうとすぐに忘れてしまうの?


犬の場合なら何年経っても、自分の家族や飼い主さんを忘れなかったりします。

ですが、

猫の場合は忘れてしまいます。

せいぜい覚えていても1か月くらいです。

1年もすると飼ってくれていた飼い主さんや親、兄弟のことも忘れてしまいます。

覚えていないことが悪いことではなく、単独で行動する習性を持つ動物なので仕方が無いことなのです。

(単独で行動するには覚えていない方が都合が良いのです)

SPONSORED LINK


猫は複数でいるよりも一匹でいる方が幸せなの?


「猫が複数で過ごすのと一匹で過ごすのではどちらの方が幸せなのか?」ということは・・・

猫の性格によります。

猫の種類や、その猫の性格によっては同じ猫同士じゃなくても人間や他の動物と過ごすことが好きなタイプもいます。

そして、人間や他の動物と一緒に過ごす猫は自分のことを猫だとは思っていない場合が多いです。

(自分のことを猫だと思っていないので、鏡に映った自分の姿を見て威嚇したりします)



猫の中には、他の猫と暮らすことが嫌なタイプもいます。

そういったタイプが複数飼いの中にいると大きなストレスを抱えてしまうことになります。


野生の猫でも人に寄っていくことがあるの?


基本的に野良猫で人に寄ってくる猫は人に昔飼われていたか、誰かにエサをもらったことがある猫だけです。

野良猫にとって人間は「危険な存在」です。

なので、うかつに近づくことは無いし、人が近づいてきたらすぐに逃げてしまいます。

あとは、人に寄っていく猫に対して「猫好きかどうか分かるのかな?」て考えることもあるかもしれませんが、猫は人間のように「好き」や「嫌い」という判断をしないです。

「安全」か「危険」かだけで判断しています。

野良猫で人に寄ってくる猫は「人が安全」だと思っているからなのです。


猫が飼い主さんの顔に鼻を近づけてくるのはどうして?


猫同士は「鼻と鼻を近づけてあいさつ」をします。

(実際には口と口のニオイを嗅いで、情報を共有しています)

これは、仲良しの猫同士でないとしない行為です。

飼い主さんの顔(口元)に鼻をくっつけてくるのは飼い主さんが安心して一緒にいられる存在だと思っているからです。

ちなみに猫同士のあいさつで、さらに多くの情報を知りたい場合は相手のおしりのニオイを嗅ぎます。

お互いにニオイを嗅ごうとしてグルグルと回ることもよくあることです。


さいごに


人間と猫と犬の「脳の構造」を比べるとそれほど変わらないです。

ただ、人間の場合は「大脳新皮質(だいのうしんひしつ)」という部分がすごく発達しています。

そのため、複雑なことを考えることができるのです。

猫と犬の場合は、あまり変わらないです。

なので、猫と比べると「よく犬は賢い」といったイメージを持っている人が多いと思いますが「理解力」は、ほとんど同じなのです。

飼い主のことをずっと覚えているかどうかの違いは、賢いかどうかではなく単なる「習性の違い」です。

猫と一緒に暮らしていると「賢いな-」て感じることがあるはずです。

犬のように「しつけ」をすることは難しいですが根気よく繰り返すことで、できるようになることもたくさんあります。

それと、猫は寂しさを感じないと言われていますが、飼い主さんの愛情は伝わっていると思います。

たくさんの愛情を注いであげて良い関係を築いていってください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。