猫を飼う前に知っておいた方がいい事とは?

この記事は4分で読めます

猫を飼う前に知っておいた方がいい事とは?

猫を飼う前に知っておいた方がいい事とは?


猫を飼う前に予備知識として知っておいた方がいい事をお話させていただきますので、これから猫を飼う時の参考にしてみてください。


猫はしつけができない


猫は犬と違い「しつけ」が、とても難しいです。

基本的には、しつけが出来ないと思っておいた方がいいです。

性格自体は猫によって違いますが、もともと単独行動をする動物なので「気まぐれ」で「自由」です。

なので、必要なのは何かイタズラをしたり、ダメなことをした時は「しつける」のではなく「できない工夫」をすることになります。

特に多いのが「トイレ」での悩みで、猫によってはトイレ以外で粗相(そそう)をしてしまうことがあります。

そういった場合は注意をして治るものではないので、砂やトイレ自体を変えたり、他の場所で出来ない工夫を根気よくしていかなければいけないのです。


猫は毛が抜ける動物


猫には長毛種と短毛種と無毛種という3種類があります。

無毛種でない限りは、常に毛が抜けます。

飼う前から分かっていたとしても実際には抜け毛の掃除にストレスを抱える飼い主さんは少なくないです。

特に毛が抜け替わる「換毛期」はたくさんの毛が抜けます。

そして、毛は服や絨毯(じゅうたん)など、いたる所にくっつきます。

「毛は抜けるもの」と割り切って、ブラッシングやお掃除グッズを使って上手く付き合うようにしてください。

ちなみにブラッシングは、長毛種が朝と夕方の2回、短毛種が1日1回が目安となっています。


猫は1日の大半を寝て過ごす


猫は「寝子」と呼ばれるくらいよく寝る動物です。

通常、人間は7時間くらいの睡眠で、象のように3時間くらいの睡眠で済む動物もいますが、猫は平均で「14時間」くらい寝ています。

1日の約3分の2は寝て過ごすのです。

(猫によっては1日20時間くらい寝ることもあります)

猫は年を取るごとに寝る時間も増えていきます。

無理に起こしてしまうとストレスが溜まってしまうことがあるので気を付けるようにしてください。


SPONSORED LINK



猫の老化現象は早い


猫の寿命は、平均で16歳くらいです。

そして、老化現象は7歳くらいから始まります。

(猫によって違いはありますが、だいたい7~10歳で老化現象が始まります)

人間と同じように年を重ねていくと体調を崩しやすくなったり、病気になったりします。

そして、介護も必要になる場合があります。

「猫は7歳を過ぎた頃から老化現象が始まる」ということを覚えておいてください。


猫に絶対食べさせてはいけない物がある


人間は「雑食」で猫は「肉食」です。

人間が食べられる物であっても、猫にとっては危険な物があります。


・ほうれん草

・ネギ類

・生魚や干物の魚

(火が通っている魚でも猫の体のビタミンB1を破壊する可能性があります)

・チョコレートやココア

・アルコール

・骨の付いた鶏肉

(鳥の骨は、縦に裂けてトゲ状になっているのでもし、消化器官に入ってしまうと傷を付けて危険なことになります)


上記の物は、猫にとって危険なので与えないようにしてください。

特に魚は「刺身」であれば少量なら与えても良いのですが、生魚や干物の魚は猫が欲しがっても与えないように気を付けてください。


猫を飼う前に準備しておきたい物とは?





猫を家に迎え入れる前に、環境にすぐ馴染めるように事前に準備しておきたい物がいくつかあります。

ほとんどの物は必要に応じて買い足していけばいいので、最低限必要な物についてお話させていただきます。

キャリーバッグ


猫の移動をスムーズに行うものです。

猫を新しい環境(家)に迎え入れる時や病院に行くときに必要になります。

猫は自分のニオイを付ける習性があり、自分のニオイがあることで安心したり、テリトリー(縄張り)を維持しています。

キャリーバッグは、多頭飼いの場合使い回したりせず、それぞれに1つづつ用意するようにしてください。


猫のトイレと砂


トイレは、なるべくゴハンを食べる場所から離れた所にトイレを設置してあげてください。

砂も色々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

猫の砂のメリットやデメリット、トイレのしつけについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

      ↓

猫のしつけ!子猫のトイレのしつけ方法とは?


フード用と水飲み用の食器


フード用と水飲み用の食器(お皿)が必要になります。

通販サイトやペットショップなどで猫用の食器が販売されていますが、それ以外の場合は食器を置いた時に安定していて、猫のヒゲが当たらない物を選ぶようにしてください。

あとは、丸みのある物がいいです。

多頭飼いの場合は、それぞれにフード用と水飲み用の食器を用意してあげてください。


爪とぎ


「爪とぎ」は、猫のストレス解消や爪の手入れに欠かせない物です。

猫はマーキング行為としても爪とぎをします。

それと、家具や壁などで爪とぎをされない為にも、猫を迎える前に用意しておいた方がいいです。

爪とぎを置いているのに、家具や壁で爪とぎをされてしまった場合の対策は、こちらの記事を参考にしてみてください。

    ↓

猫の爪とぎ対策!壁や家具で爪とぎされたときの防止法とは?


その他


後から、用意してもいいのですがあった方が良い物です。

「ブラッシング用品」

ブラッシングやコーミングに使うブラシや櫛(くし)は抜け毛の処理だけでなく、皮膚に刺激を与えるマッサージ効果もあります。

※「コーミング」は「コーム(くし)」で毛をとかすという意味です。


「おもちゃ」

猫には適度な運動が必要になります。

飼い主と一緒に遊べるタイプと猫だけで遊べるタイプがあります。


「猫用爪切り」

猫の爪は伸びたら定期的にカットする必要があります。

その理由は、爪が伸び続けるとカーテンなどに爪が引っかかって取れなくなったり、人をケガさせてしまったり、老猫になると肉球に刺さってしまうことがあるからです。

猫用の爪切りなら、人間の爪切りと違ってどこから刃を当てても大丈夫です。

猫の爪の根元には神経が通っているので、焦って根元を切ってしまわないように注意してください。


さいごに


猫は、はるか昔から単独で行動して狩りをする動物です。

そして、野生の習性は今でも残っています。

自分のニオイを付けてマーキング行為をしたり、夜になると活発に動き回るのも暗い方が獲物を狙いやすかったからです。

(猫は暗くても周りを見ることができます)

狭い場所が好きだったり、高い場所に登るのも野生の頃にそういった場所が安全だったからです。

猫の習性を理解していないと「何でこんなことをするの?」という気持ちになったり、大きなストレスを抱えてしまったりすることがあります。

新しい家族となる愛猫と幸せに暮らす為には、猫の習性(行動の理由)を学んで猫が幸せに暮らせる環境を考えてあげるようにしてあげてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

猫の人気ブログランキング



いつも、ありがとうございます!

あなたが上の「肉球ボタン」をポチッと押してくれるおかげで、より多くの人に大切な猫の知識「ねこがく(猫学)」を知っていただけます。