猫のマーキング!スプレー行為をしてしまう理由と対策方法とは?

この記事は4分で読めます

猫のマーキング!スプレー行為をしてしまう理由と対策方法とは?

猫がマーキングでスプレー行為をする理由とは?


子猫の時にトイレを覚えても、オス猫は成長してくると「スプレー行為」といって、オシッコを壁や家具などにまき散らすことがあります。

立ったまま、おしりを壁などに向けて真後ろにオシッコを飛ばすのです。

(実際には、オシッコではなくもっと強烈なニオイがするものです)

なぜ、そのようなスプレー行為をするのかと言いますと・・・


自分の縄張りを主張するために印を付けている(マーキングしている)のです。


そして、おしりを高く上げてスプレー行為をするのは「より高い場所にスプレーをして強く見せるため」です。

マーキングされた場所に別の猫が来た場合には、スプレーされている高さによって強さを確認しているからです。

(猫はマーキングされている位置が高ければ高いほど、大きくて強いと判断します)

それと、スプレーでマーキングするのはメス猫に自分をアピールするためでもあります。

オス猫がマーキングでスプレー行為をするのは思春期になり、生殖能力が備わったことを示すものでもあるのです。


スプレーはどういう時にするの?


スプレー行為は、自分の縄張りに不安を感じた時にします

知らない場所に来ると猫は不安を感じます。

例えば、発情期の時にメス猫を求めて自分の縄張りを出てしまった場合には不安を感じて、新しい場所にマーキングをします。

他にも、自分の縄張りに知らない人や猫が入ってきたら縄張り(テリトリー)を侵された気持ちになって落ち着かなくなります。

不安で落ち着かないので、その存在(ニオイ)を消そうとスプレーをします。

たまに、お客さんが家に遊びに来た時に、鞄(かばん)や靴にスプレーをしてしまう猫がいるのですが、それも自分の縄張りの中からニオイを消すためにしているのです。

もし、愛猫がスプレーをする状態で来客がある場合は、靴などにスプレーをされないように注意してください。

(スプレーは、オシッコと違いニオイが強いのでクリーニングに出してもニオイが取れないこともあります)

スポンサーリンク




スプレー行為の対策方法とは?


スプレー行為は、本能なので注意をしても(叱っても)治るものではないです。

(スプレーに限らず、基本的に猫の行動は本能的なので注意しても治らないです)

まず、スプレー行為の一番の対策方法は「去勢(きょせい)」をすることです。

多くの猫は去勢をすることでスプレー行為をしなくなります。

ただ、去勢をしていてもスプレー行為が治らない猫もたまにいます

その理由の多くは・・・

去勢をしても縄張りに不安を感じるからです。

元々、縄張り意識が強い猫もいますが、多頭飼いの場合は縄張りに対する意識が強くなりやすいです。

なので多頭飼いだと去勢してもスプレー行為をする場合があります。

その場合は、壁や家具などだけでなく、飼い主さんや自分より弱いと思っている猫に対してもスプレーをする場合もあります。

去勢してもスプレーが治らない猫に対しては「縄張りに不安を感じさせない」ことが大事になります。


縄張りに不安を感じさせない方法とは?





① 「猫同士の生活する場所を分ける」

相性の悪い猫がいる場合は自分の縄張りを守ろうとスプレー行為をします。

相性が悪いと縄張り争いが起きてスプレー行為をする猫が出てくるので、別々の部屋で飼うことで縄張りに対する不安を感じさせないようにするのです。

ただ、部屋を分けて飼うということは現実的に難しいと思うので、その場合は食事をする場所や、トイレの場所を離してなるべく遭うことがないようにしてみてください。


②「買ってきたばかりの新しい物に猫を近づけない」

猫は、同じ猫同士や人間だけでなく「物」に対しても自分の縄張りにあると嫌がります。

自分の縄張りに知らない物があると、まずニオイを嗅いで確かめて不安に感じるとスプレー行為をしてしまうのです。

なので、新しい物を買ってきた場合には、すぐに片付けてスプレーをする猫に近づけないようにした方がいいです。

特に来客の物にスプレーをかけられると大変なので、隠したり、しまったりした方がいいです。


③ 「窓の外を警戒している場合はカーテンをする」

アパートの1階や、一軒家に住んでいるとたまに窓の外に野良猫や他の動物などが来ることもあると思います。

その場合に、猫は窓の存在が分からないのでスプレーをして縄張りを主張することがあります。

もし、窓の外を猫が警戒しているようならカーテンを閉めて見えないようにしてみてください。


④ 「スプレーされる場所にかけられてもいい物を置く」

スプレー行為自体は本能なので、治すことが難しいです。

その場合は「治す」ことではなく、よくスプレーする場所に「ペットシーツ」や「板」などを置いておいて、すぐに掃除できる状態にします。

スプレー行為がどうしても治らない場合は、なるべく被害が少ない(掃除がしやすい)方法をとるしかないです。


壁や家具にスプレーをされた場合の掃除方法とは?


猫がスプレーをした場合は、まず雑巾ですぐに拭き取るようにしてください。

そして、壁が木や漆喰(しっくい)の場合は重曹水を雑巾に含ませて「叩くように」拭き取ります。

それと、壁がビニールクロスの場合なら重曹水をスプレーで吹きかけてから、ブラシで軽くこすって拭き取るようにしてください。

(ゴシゴシとこすらないようにしてください)

スポンサーリンク




猫の縄張り意識が強い理由とは?


猫は、人間や犬と違って単独で行動する動物です。

そして、野生の頃は自分で狩りをして生活をしていました。

その狩りをするには、誰にも邪魔をされずにできる場所が必要でした。

狩りだけでなく、単独で行動しているので自分の身を守るためには縄張りの中に誰も入れないことが安全の条件でもあったのです。

野生の頃から身についた縄張りに対する意識は家猫として暮らしていても残っています。

そして、自分の縄張りにニオイを付けて回ること(パトロールをすること)は、他の猫との無用な争いを避ける為の手段でもあるのです。


さいごに


スプレー行為は、縄張り意識が強い猫にとっては「当たり前の行為」です。

(オス猫の本能です)

そして、スプレーは自分の縄張りに不安を感じるからするものです。

特に多頭飼いの場合は、常に縄張り争いが起きる可能性があるのでスプレー行為が起きやすくなります。

ただ、猫のスプレーは飼い主さんにとって、とても大きなストレスになるものです。

オシッコの粗相と同様に掃除が大変だし、精神的にも凄く疲れてしまいます。

スプレー行為を辞めさせる為には、「縄張りに不安を感じさせない工夫」を考えてみてください。

そして、どうしても治らず大きな悩みになってしまった場合は動物病院で診てもらってアドバイスをもらうようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

3d small people-loupe

こんにちは、ブログ管理者の「いさお」です。

猫に関する様々なお役立ち情報をご紹介させていただきます。
あなたが愛猫と、より良いコミュニケーションをとる時の参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る